『世界一わかりやすいTOEICテストの授業Part1-4 リスニング』のレビュー

今回は、スタディサプリENGLISHでTOEIC講座を教えている関正生先生が、市販本として出している、

『世界一わかりやすいTOEICテストの授業【Part1-4リスニング】』

のレビューをしていきます。

内容や特徴についてはもちろん、スタディサプリENGLISHで販売しているテキストとはどのような違いがあるのかについても簡単にまとめているので参考にしてください。

それではレビューの方、していきましょう!

本書の仕様

名称:世界一わかりやすいTOEICテストの授業【Part1-4リスニング】改訂版

著者:関正生

出版社:KADOKAWA

ページ数:286ページ

定価:1700円(税抜)

付属品:CD2枚

対応スコア:初心者~800点まで

※もともと同名の書籍が出ていましたが、2016年5月実施分以降の新形式問題を加えて加筆修正したものです。

こういった参考書は、初めてから600点までのレベルと、それ以上の高得点を目指すためのもので別々になっているものが多いですが、本書は600点を目指す方から700点・800点を目指す方までと対応しているスコアの幅が広いので、初心者の方だと特に長く利用できる内容になっています。

本書の特徴は、

  1. 放送英文が聞き取れることを前提にしていない
  2. 音声を聞いてから執筆
  3. 解説に割いた紙面が豊富

という3点です。

リスニングの対策本では、放送される英文をこちら側(学習者側)がほとんど聞き取れることが前提に話が進んでいくものが多いですが、この参考書では、そもそもどうやって英文を聞き取れるようになるかについての説明が多く盛り込まれています。

また、解説ありきで音声をそれに合わせて作るようなご都合主義的な設計ではなく、音声を聞いてから原稿を執筆しているようなので、実践的な解説がなされているわけです。

また、関正生先生の書籍でおなじみの独自視点による解説も本書の魅力となっています。

 

それでは、実際のページを見ながら、より詳しく内容の方見ていきましょう!

 

 

内容レビュー

目次はこのようになっています。

普段はスルーしてしまうメインコンテンツ前の内容(この場合はPart1対策の前のところ)にも、本書の特徴は色濃く表れていて、弱形の説明(2ページ)であったり、重要単語の一覧(11ページ)がまとめられています。

先述した通り、放送英文を聞き取れない前提でスタートしているので、聞き取れない要因の1つになっている弱形について、しっかりと紙面が割かれています↓↓

強形と弱形のどちらもCDで聴けて、この部分だけでも本書が他の参考書と違うところが伝わってきます。

続けて、リスニングでよく出てくる単語がグループ分けされているので、これも意味と音を一致させていきましょう。

CDによっては英語の後に日本語が収録されているものもありますが、本書は英語だけが聞こえてきます。

私はこちらの仕様の方が好みですね。

 

Part1対策

各対策ページの最初に、パート別の簡単な説明と目標スコア別の正答率について書かれているので参考になります。

もちろんそれだけで終わりではなく、次のページでより詳しい説明がありますのでご安心ください↓↓

 

関先生ならではの独自視点による解説も新しいです。

 

例題は5問あり、見開きページに問題と解説が一緒にならないように工夫されています。

写真の左は例題1の解説。右は問題です。

解説も和訳と間違いの理由だけでなく、予備校の授業張りの解説が加わって応用もききます

 

例題で学んだポイントは、演習問題で復習します。

なお、Part1の演習問題は全部で10問用意。

この演習問題の説明も詳しいですし、関先生によるTOEICあるあるが語られています。

 

Part2対策

Part2は、先の弱形の勉強が生きるパートです。

 

Part2の出題はどれも同じですが、やや余白多めになっております。

とはいえ、使いやすさの面ではよいのかなと思います。

また、上記画像はWhyで聴かれた時の返答について答える問題ですが、その解説を読むと、

Becauseが最もポピュラーな返答のように思いますが、中学で習うTo不定詞(目的を表す副詞用法)で答える場合もありますし、普通の文による返答が頻度として1位である

など、実際にTOEICの公開テストを受け続けてきた関先生の経験が生きているのがわかります。

例題は7問、演習問題は30問となかなかの量ですね。

 

なお、ここまででCDの1枚目(44分、トラック61個分)が終わります。

 

Part3対策

「Part3は先読みが必要。」とはどの対策本にもありますが、この参考書には、さらに詳しい先読みのやり方について、理解を深めることができます。

多くのコツの中から自分に合ったやり方を選択して、本番前にしっかり練習しておくことができるのでいいですね!

紙面としては、Part1や2の3倍程度割かれています。

一つの例文も、発音や重要事項の解説用のページと、

 

正解するためのコツの解説、

 

さらには和訳と語句のまとめページの3つの目的別に分けられており、いろいろな視点で学習することが可能です。

例題の数としては8スキッド、演習問題は13スキッド(1つのスキッドに3問の問題が)あります。

 

Part4対策

「すべての英文を集中して聞く。」

この教えを実践することで、だいぶPart4もスコアが上がったように感じます。

Part3と4の解説が一緒くたにされている本もありますが、本書では別々にしっかりと解説が加えられていました

ページ数もPart3と4は大目に割かれているので、これらのパートが苦手な人には嬉しい仕様ですね!

Part1は34ページ、Part2は56ページ、Part3は94ページ、Part4は79ページ程度あります。

CDの2枚目の収録時間も77分と多めです。

 

 

スタディサプリENGLISHとの教材比較

最後に、関正生先生が教えているオンサイン教材であるスタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースから、『パーフェクト講義のテキスト』と内容を比較してみましょう。

ページ数についてですが、ほぼ同じ量です。

横から見てみた画像が以下のもの。

 

同じ著者が書いたものですので、内容もほぼ同じです。

これはつまり、出し惜しみなく試験のコツを解説してくれていることの表れでしょう↓↓

左が「スタディサプリENGLISH」のもの、右が「世界一わかりやすい」のものですが、かなり似た構成になっているのがお判りでしょうか。

ちなみに、スタディサプリENGLISHのテキストの音声はダウンロード形式となっています。

 

値段についてですが、今回レビューした『世界一わかりやすいTOEICテストの授業』が1700円であるのに対し、スタディサプリENGLISHのパーフェクト講義は1780円です。

とはいえあくまで、後者のウリは動画や学習コンテンツですから、復習まで強制的にしっかりやりたいという方にはこちらをおすすめします(その場合、月額2480円がかかります)。

例えば、このような動画であったり、

 

スマホなどのフリックを利用したディクテーション、さらにはシャドーイングなどで復習することができます。

 

今回レビューした本書にも記載されていますが、TOEICスコアは模試を20回分解くよりも、1つの模試を20回やり直す方が伸びます

なんの本を使おうと、復習することだけは意識しておきたいですね。

参考記事:パーフェクト講義のテキストレビュー

 

 

まとめ

以上、関正生講師による、『世界一わかりやすいTOEICテストの授業【Part1-4リスニング】』のレビューでした。

学習者の立場に寄り添った親切設計と、独自視点による個性を併せ持ったリスニングパートの対策本になっていたことがわかっていただけましたでしょうか。

なお、この「世界一わかりやすい」シリーズは、本書以外の姉妹本として

  • Part5&6 文法
  • Part7 読解
  • TOEICテストの英単語

の3冊が現在市場に出回っておりますが、中でも本書の評判は群を抜いているように思います。

リスニングは最も伸ばしやすく、得点源になる大切なパートですので、本書を使って是非得意にしてください。

 

ちなみに、スタディサプリENGLISHとの比較のところでも言いましたが、あれこれと参考書に手を出すよりも、一つの教材を徹底的に読み込むことの方が効果的です。

参考書を選ぶ際は、実際に自分が復習しやすい気持ちになれるものをおすすめします。

当サイトではいろいろな参考書やTOEIC対策教材のレビューをしていますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-参考書

© 2020 スタディTOEIC