「究極のゼミPart7」のレビュー!TOEICで量は質を凌駕する!

今回はリーディングセクションを対策するのにぴったりな,ヒロ前田氏の,

究極のゼミPart7

のレビューの方していきましょう!

本書に収録されている大量の問題(254問)をこなせば,実際の公開テスト(54問)なんてずっと楽なものに見えてくることと思います。

当レビューを参考に,ご自身の求めるPart7対策が可能かどうかご判断下さい!

究極のゼミPart7の基本情報

TOEIC L&Rテスト究極のゼミPart7

  • 名称:TOEIC(R)L&Rテスト究極のゼミPart7
  • 著者:ヒロ前田
  • 出版元:アルク
  • 出版年:2017年5月
  • 定価:2200円+税
  • ページ数:467ページ(別冊含む)
  • ダウンロード:音声+マークシート

「究極のゼミ」と名が付くシリーズは4冊出ていますが,これはそのうちPart7対策に特化したもの。

ページ数からもわかるように,新形式に対応しているTOEICのリーディング対策本のうち,最高レベルの問題量を誇ります。

加えて,設問の種類(文脈から解くもの,NOT問題など)や英文形式が豊富なところも本書の特徴です。

後述しますが,解説もやや独特で,読みにくさを感じにくい仕様になっているのでお楽しみに!

目次の方みてみますと,以下のようになっております↓↓

もくじ

1回の学習目安には「ゼミ」という名前がついていて,全部で15回分あります。

内訳としてはPart7の設問タイプ別に解説したものが11回分,取り組み方や不正解の見抜き方など,その他がテーマのゼミが4回です。

「1日必ず1ゼミ終わらせる」と決めたら,全部で2週間ちょっとで終わりますが,本書には別冊も付いており,実際の公開テストのPart7と同じ問題数からなるミニサイズの模試が計2回分がついています。

つまり,この1冊で解くことができる問題数は,ゼミで146問,プラスでミニ模試の54問が2回分の108問の計254問となります。

これは実際の模試を4~5回解いた量です。

これだけ解けば苦手意識もだいぶなくなりますよね。

それでは次章で,今度は本書の特徴とその使い方について,詳しくレビューしていきましょう!

 

究極のゼミPart7の特徴

まずは全15回分のゼミを使って,Part7のスコアアップに役立つ知識とテクニックを習得します。

各ゼミは,

  1. 講義
  2. 例題
  3. 練習問題
  4. トレーニング

の4つから構成されており,段階的な学習が可能です。

ここでは第2回のゼミを例に取り上げてレビューしていきます。

先に言った1回分の目安の参考にしてください。

最初の3ページは講義形式となっており,1つのテーマについて学んでいくのですが,「細かい情報を問う問題では,設問にあるキーワードを検索しながら解く」というテクニックを身に付けるのが目標のようです↓↓

究極のゼミの講義レビュー

ここで本書の特徴が1つ見られますが,解説が対話形式というのがあります。

昔,「実況中継」と名のついた大学受験の参考書が流行った時期がありましたが,実際に著者が語りかけてくるような文章は親近感がわきやすく,気楽に読み進めていけるのがよいですね!

次にあるのは例題で,先の講義内容を理解しているかどうかが問われます。

例題のレビュー

問題が1問しかないことからもお分かりの通り,例題は確認の意味合いが強いです。

気楽に解きましょう。

解き終えたら答えと解説をみますが,いくつか目についた特徴をレビューしてみると,

解答解説のレビュー

  • 解答に至るためのヒントの部分が青マーカーで示してある
  • 解説が工夫されており,語句解説もある
  • 語注や全訳は完備

となります。

解説のコーナーにおいては,いわゆる「ふつう」の解説の下に「ゼミ生中継」という項目があり,ここでも対話形式での説明がプラスされるようです。

3つ目は練習問題ですが,2つの英文が存在し,それぞれに3~4問の問題がついていました。

練習問題レビュー

例題と異なり,本番と同じ構成です。

しかも,制限時間が設定されているので,「時間内に解かなければいけない」という緊張感があります。

なお,例題と練習問題の間に「トレーニング」が入る場合もあるようです↓↓

トレーニングのレビュー

これは短めの英文を使って,設問の解き方を学ぶために行うもので,特に必要なときに登場してきます(なお,2回目のゼミにはなかったので,上記画像は違う回のものとなります)。

以上の内容を整理すると,1回あたりのゼミは,

  • 講義が3ページ
  • 例題は英文1題,問題1つ
  • 練習問題は英文2題,問題数は7問
  • トレーニング:適宜

という構成です。

十分1日に1つ進めていける内容でしょう。

ちなみに,TOEICのPart7についてこれまでに問題分析をした経験がある方には,以下のようなゼミのテーマがピンとくるかもしれません↓↓

ゼミ内容のレビュー

NOT問題やマルチプルパッセージ(DPやTPと表記),情報分散型などの厄介なタイプの問題の練習も積むことができますので,ご心配なく!

なお,別冊のミニ模試ですが,本番と同じ問題が2回分用意されています↓↓

ミニ模試のレビュー

他のPart1~6の問題など一切ありませんが,Part7に特化しており,解答解説には選択率(正答率)があるだけでなく,上で紹介した問題のタイプも書かれているので,難易度の把握や復習がしやすいのが特徴です。

さらには「弱点問題タイプ診断」が用意されているので,出来を記入していくだけで,どういった能力が弱いのか(例えば文脈から推測する力が弱い)が判断できたり,今後の学習する上での指針が定まりやすくなりますよ!

弱点問題タイプ診断レビュー

 

まとめ

まとめ

以上,ヒロ前田著の「TOEIC L&Rテスト究極のゼミPart7」のレビューでした。

学習者のコメントがいくつか帯に書いてありますが,今回私が感じた本書の特徴としては,

  • 対話形式が加わり,詳しくてわかりやすい解説
  • Part7の問題を全部で256問解ける
  • ゼミは1日に1つ終わらせられる分量
  • 講義形式やトレーニングなどメリハリがある
  • 公開テスト2回分のミニ模試付き
  • 問題タイプまで学べるので分析力が高まる
  • 弱点問題タイプ診断で,今後の学習指針もわかる

といった点が,他の類書に見ないものだと思います。

TOEICのリーディングセクションでは,Part7を最後まで高い正答率のまま解き切ることがスコアアップの鍵となってきます。

是非この究極のゼミPart7を活用し,コツについて学び,たくさんの問題に触れて慣れることで,しっかり対策の方してください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-参考書
-

© 2020 スタディTOEIC