精選模試リーディングのレビュー!量と質のバランスが優秀

今回は,TOEICの読解セクション(いわゆるパート5~7)の問題を集中的に解きたい方におすすめの参考書である「精選模試リーディング」をレビューしていきたいと思います。

その魅力はなんといっても本書に収録されている圧倒的な問題量ですが,質が伴わなければ数を解いても意味がありません。

今回は量と質の観点から,本書で学ぶ価値があるのかどうかについてみていくことにしましょう!

精選模試リーディングの構成

精選模試リーディングの表紙

  • 名称:TOEICテスト新形式精選模試リーディング
  • 著者:中村紳一郎ほか
  • 出版社:ジャパンタイムズ
  • 出版年:2017年2月
  • 問題数:100問のセットが5回分の計500問
  • 収録パート:5~7
  • 価格:1,900円+税

本書の構成ですが,問題編と解答解説編の2つに分かれており,本自体もこのように分冊できます↓↓

精選模試リーディングの分冊

別冊になっている方が問題編で,全部で5回分の問題が収録されており,マークシートも同数用意されているので取り組みやすいです。

以下が本書の目次ですが,解答・解説がメインとなっているのがわかる分量となっています↓↓

精選模試リーディングの目次

それ以外にも基本となる情報,例えばリーディングパートの攻略法や時間配分,さらにはテストの流れについての簡単なまとめもあるので,初めての方でも安心して使用することが可能です。

 

精選模試リーディングの特徴

精選模試リーディングの問題のレイアウト

本書の使い方ですが,まずは制限時間75分(実際の試験と同じ長さ)で100問全部を一気に解いていきます。

問題用紙のサイズやレイアウトは,ほぼ実際のものと変わらないというところも特徴です。

実際のTOEICと同様,解く時はマークシートの答え部分を塗るようにし,問題用紙には書き込まないよう注意しましょう。

続けて丸付けに移りますが,以下のような予想スコア算出表(右)があるので,ぴったり○点のようにわかります↓↓

スコア換算表

正解一覧(左)があったり,3回解くためのチェックボックスも確認できました。

参考書の種類によっては,スコアがレンジで表記されているものがあり(例えば420~450点など),それだとあまり参考になりません。

対してこの精選模試リーディングでは,著者が学校長を務めるTOEIC専門校の受講生のデータがあるので,スコアもこのようにしっかりと導き出せるということです。

さらに,そのデータはスコア算出に限らず解説内容にも好影響を及ぼしており,多くの受講生が間違いやすいポイントをピンポイントで解説してくれているのがわかります。

そちらについては次章で紹介しましょう!

 

パート別のレビュー

パート5

最後にパートごとの解答と解説についてレビューしていきますが,一例を挙げるとパート5はこのような感じ↓↓

パート5の解答解説例

正答率が問題ごとに記載されているのはもちろん,誤答に関しても解説がされている上,正解の横にはどの文法事項がポイントになっているのかまで書いてあります。

これは弱点を分析するのにぴったりで,苦手な文法事項だけ別の対策本で復習するなどの対策も取れるでしょう。

パート6

次にパート6の解答解説ですが,レイアウトが見開き型になっているので見やすいです↓↓

パート6の例文・全訳と解答・解説

左ページでは,本文と全訳を見比べながら誤解があった文章の有無を確認できますし,語彙も整理されているので便利に使えるのではないでしょうか。

ちなみに右ページには先ほどのパート5と同様,難易度や焦点などが記載されていますが,「990点講師の目」といったコラムもあり,これは受講者が間違いやすかった問題の解き方をより詳しく解説したものです。

正答率をみると本パートの難易度が高いこともわかります。

50%前後の問題がゴロゴロと。

パート7

パート7は以下のような感じで,こちらもトリプルパッセージが見開きで確認でき,英文と和訳が一目で確認できます↓↓

パート7の本文と全訳

解答と解説はページを1つめくる必要がありますが,正答率も1問ずつ書かれていて,中にはかなり低い問題も含まれています↓↓

パート7の解答・解説と正答率

「これがエッセンス」というコラムがありますが,こちらも先ほどの「講師の目」と異なり,そのパート全体に関する内容となっており,上記に書かれていた「設問に先に目を通してから解き始める」といった提言は,本番で役立つことが多かったです。

この精選模試リーディングの難易度ですが,極端な問題の偏りなどは一切なく,適度に難しい問題も含まれていました

しかし解説を読めば,例えばマルチプルパッセージでは「こことここの情報以外に,この場所も参照すべきだったのか」や,「この語句の意味を誤解してしまったので間違えた」的に納得することができ,正解の根拠を見つける作業が得意になったように感じます。

ちなみに私からのおすすめの使い方として,問題を解く際は書き込み禁止ですが,復習する際には大いに書き込みましょう

特に出来が悪かった問題については,英文に解説内容や単語の意味,はたまた自分が思ったことなどを書き込んで持ち運ぶことで,問題が載っている別冊が立派な参考書へと変わるように思います(特に何回か解いた後はおすすめです)。

 

まとめ

精選模試リーディングの裏表紙

以上,ジャパンタイムズから出版されているTOEICリーディングパート用模試の決定版,「TOEICテスト新形式精選模試リーディング」のレビューでした。

帯に書いてあった通り,500問という問題数(つまり量)はもちろん,解説も正答率や根拠の提示がしっかりされており,復習する際に使いやすいレイアウト(質)も兼ね揃えた問題集だったと思います。

一般的に,TOEIC教育に携わる講師たち(満点スコア取得者)が公開テストを受け続ける理由として言われていることは,出題傾向や難易度のズレを確認するためだということです。

TOEICの運営元が出版している公式問題集も過去にレビューしましたが,その問題の質というのは,現在まさに行われている公開テストに比べるとやや簡易なものでした(実際にその後受けた本番よりも予想得点は高く出ました)。

みなさまには私のように,公式問題集だけを解いては「時間以内に余裕で解ききれた」と安心し,試験本番になって「全然できない」と焦ってしまう結果になってほしくはありません。

そのためにも普段から本番の難易度により近い模試を解くというのは理に適っている方法であり,本書の問題傾向や難易度は公式問題集より高くむしろ好都合となります。

公式問題集にはリスニングパートも含まれているものの,全部で2回分の問題しかありません。

この新形式精選模試リーディングは5回分もの問題を解くことができますので,特にリーディングパートの点数を底上げしたい方には是非手に取ってもらいたいと思います↓↓

2020年の7月には3冊目が販売となり,売れ行きも好調なようです。

姉妹書として精選模試リスニングもあるので適宜検討してください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-Part 5-7, TOEIC参考書
-

© 2020 スタディTOEIC®