【参考書レビュー】TOEIC 900点特急 パート5&6

今回の記事では,新形式のTOEIC TESTで900点を目指す方が真っ先に取り組むべきである,Part5&6の難問を克服するための参考書

TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6

についてレビューをしていきたいと思います。

いつものように基本データから始めて,本書にはどのような特徴があるのか,問題量や必要な学習時間について触れていくことにしましょう!

 

 

基本データ

名前:TOEIC L&R TEST 900点特急パート5&6

著者:加藤優

出版社:朝日新聞出版

ページ数:312ページ

値段:840円+税

目標スコア:900点

音声:音声ダウンロード方式(mp3ファイル)

本書は『新TOEIC TEST 900点特急 パート5&6』というタイトルの旧作を,2016年に変更されたTOEIC新形式にあわせて問題を差し替え・変更したり,解説などを大幅に改訂したものになっています。

形式が変わったことでPart7の文章量が増えたために,Part5と6はより素早く解くことが求められるようになりました。

Part5は問題文自体が短くなり文法や語彙レベルも簡易になったのですが,文全体を読んでから意味を決める問題を素早く解くのは大変です。

同様にPart6では,文脈を意識した問題に加え,空欄に文をまるごと入れるタイプの文選択問題が加わりました。

本書はそういったタイプの問題についての解き方や出題パターンを学ぶことで,900点を目指します。

難問に加えて,最終章には990点満点を目指す人向けの超難問(Part5のみ)も用意されているので,どれほどのものか体験してみるのが楽しみです!

 

 

もくじ

上記が目次となりますが,13ページからの本編に入る前に,まずは900点を目指すために知っておかなければならない基本知識を学びましょう。

難問の性質や効果的な学習法を知って,効率良く着実に実力をアップしていけるようになります。

 

メインコンテンツとなる本編には全部で6つのRoundが用意されており,1つのRoundは

Part5 15問+Part6 8問の計23問

からなります。

これは,著者が「本試験のハーフテスト」と呼んでいることからもわかるように,実際のTOEIC L&R公開テストにおけるPart5(30問)とPart6(16問)の半分のサイズの予想問題ということです。

実際に制限時間半分の10分で解くことになりますが,それほどまでに長くなく,程よい分量だと言えるのではないでしょうか。

なお,後で詳しく触れますが,一問ごとに解く時間(例えば20秒)が与えられているので,ストップウォッチなどを片手に時間を意識して取り組無必要があります。

 

 

本書の特徴

本書の特徴については,そのほとんどが本編前の7ページに集約されています。

ここでは,その内容を簡単にレビューするので,どういった方針で本書での学習が進むのか確認してください。

『上級者の弱点』から始まりますが,まずPart5では,

品詞問題・数量表現・語法・語彙

に特に注意する必要があるということです。

そしてPart6の弱点として,

文選択問題・その他文脈問題(語句を空欄に入れるが文脈を根拠にするもの)

が具体例と共に挙げられており,これら弱点の克服方法を実際に問題を解いて体験していくという流れになります。

上の画像はPart5の難問について書かれたものですが,TOEICスコアが700点程度であれば,a (      ) agreement を見たら,「名詞にかかるのは形容詞だ」と即座に判断し confident(自信に満ちた;確信している)を選んで間違ってしまう問題です。

この問題を900点目指す人であれば a(confidentiality)agreement のように,敢えて『名詞+名詞』の形を選び,意味の通った内容にしなければなりません。

表現自体を知っていないとできないわけですから,確かに上級者だからこそできる態度ですよね!

似たような例では peace talks(和平会談)などがそれにあたるでしょうか。

 

次に,『上級者のためのストラテジー』という内容が続きます。

理想的な時間配分がパート別に掲げられており,Part5では

各問10~20秒

が提示されています。

とにかく早く解きたいPart5ではありますが,上で見た例などにひっかからないようにするため,早すぎてもいけないようです。

一方Part6においては,

1スキッド2分

ペースで終えます。

飛ばし読みをせず,全文読んで解答するという姿勢は,前にレビューした濵﨑氏の990点攻略 のそれともれなく同様で,やはりこれが王道の解き方だと言えるでしょう。

さらに本書では,「英語を英語のまま素早く処理する力」を身につけるようにアドバイスされますし,いくつかのテクニックについても学ぶことができました。

 

本編前の最後に記載されているのは,『本書を使った効果的な学習法』です。

目的としては,「実戦力を付けるためのトレーニング」と「地力を上げるためのトレーニング」の2種類に分けられており,前者の具体的な手順としては,

  1. 23問(ハーフサイズ)を10分で解く
  2. 解説を読む前に,構造分析や答えの再確認を行う
  3. 解説を読む
  4. 日数を空けて再挑戦する

が,そして後者のトレーニング法としては,

  1. 音声ファイルを利用し,シャドーイングやリピーティング
  2. 復習リスニング用英文テストを使って弱点をなくす
  3. 和訳を英文に直す

の手順を踏むよう指示されます。

2つの学習法のうち,明らかに重きが置かれているのは後者であり,ただ解いて解説を読むだけでは得られない,真の英語力を養成するのが本書の目的なんですね。

時間をかけてしっかりやりこみましょう!

 

 

本編レビュー

いよいよ本編を実際にやっていきます。

最初の問題は上記画像の右にあるものですが,目標タイムは10秒

測ってやってみると「短い!」と唸ってしまうレベルです。

自信がなくてもとにかく答えを出しましょう。

その次に,ページ下にある『Katoの眼』といういわゆるヒントなども参考に,もう一度自分の答えについて考え直しますが,ここでは明らかに「態」がポイントのようなので,自分の選んだ答えは合ってそうです。

ここまでやって解答を読みましょう↓↓

 

解答に到るまでの思考のプロセスに加えて,語彙もまとめられており,いまいち意味がはっきりしなかった文意もこれで明確になりました(難しい)。

文構造の分析がしっかり明示され,解答に到るまでの手順以外にも,間違えが間違えである根拠も解説されるので,「こういう考え方をすればはっきり間違いだとわかるのか」と参考になります。

類義語がまとめられているものもあり,総整理に役立ちますよ。

 

一方でPart6の方ですが,構成はいたって普通にみえますが,中身は難しく感じます↓↓

 

上のような問題の後,次のページをめくるとまずは正解の解説があり,

 

続いて和訳と語句のまとめがあるといった2段構成ですね↓↓

 

学習時間の目安ですが,Part5の15問は各2分程度で終わります,また,長文問題のPart6においては1スキッド8分弱のペースでした。

なので,2つで15~20分見ておくと,50分程度で一回のラウンドが終わるという計算になります。

もちろん一度読んだだけでは,自分のものにはなっていないと思うはずですから,続けて復習トレーニングの方をしていきましょう!

 

 

復習トレーニングについて

blank

基本的にPart5も6もリーディングパートなので,解くだけならばリスニング音声は不要ですが,復習してシャドーイングやリテンションをするときのために音声は必要です。

問題の音源は公式HPから無料でダウンロードできます。

まずは書籍11ページに載っているURLにアクセスし,保存しましょう。

全部で13個のmp3トラックがありますが,最初の2つが1st Roundのものでpart5のものが01でPart6 のものが02となります。

 

特徴的なのは,同じ英文を男性と女性の2人のスピーカーが音読するので,2回違う雰囲気でリスニングできるというところです。

最初の男性はアメリカ英語で話しますが,次に話す女性はイギリス英語になっています。

私は英国特有の英語訛りに苦戦することが多いので,これは大変嬉しい仕様でした。

シャドーイングやリピーティングをしたら,巻末にある『復習リスニング用英文リスト』も使って自分なりにクイズを作成することができます(自信がない前置詞や語彙など塗りつぶして,後日リスニング問題として使用するなど)。

 

使われている単語のレベルが高く,何度も読みこなすだけの価値はあります

最後に和文をみて英文に直してみることで,文法や語彙力が高まりますよ!

 

音源自体は約50分程度ありますが,何回か復習するので学習時間はもっと長くなります。

 

 

まとめ

以上,『TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6』のレビューでした。

著者の加藤優氏はTOEICの専門校「エッセンスイングリッシュスクール」の講師ということで,900点を狙う上級者の弱点データを多数収集してきています。

そのため,この『900点特急』のように弱点問題だけを厳選できるというわけです。

さらに同スクールのネイティブ講師陣と協力し公開テストを毎回受験しながら作成しているので,予想問題の再現性・信頼性は確かだと言えるでしょう。

 

本書の最初わずか7ページではありますが,そこに書かれている方針をよりどころに,これからTOEICを学習していくのとそうでないのとでは,数か月もすれば結果に大きな差が出るのは明確です。

また,復習も音声ファイルに工夫があるので,アメリカ英語とイギリス英語,男女の差などの違いに対応できます。

もちろんスマホでも,アプリをダウンロードすれば音声ファイルが聴けるようです。

いわゆるTOEIC参考書の『特急シリーズ』の1冊にあたりますが,売れているだけあって大変使い勝手がよかったですね。

学習時間は本編を通しで6時間,CDを使った復習に1回聴くだけでも50分以上かかりますから,全部で10時間くらいみておくとよいかと思います。

 

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-参考書

© 2020 スタディTOEIC