【参考書レビュー】TOEIC L&Rテスト990点攻略!満点取得には相応の戦略が!

今回レビューする濵﨑潤之輔氏による参考書,

TOEIC L&Rテスト990点攻略

は900点では満足せず,990点を取得するためのトレーニングについて語られた本です。

一体どのような意識改革+方法論で満点が取得できるのか,早速学んでいきましょう!

本書の基本データと使い方

書籍名:TOEIC L&R テスト990点攻略改訂版(新TOEICテスト990点攻略を新形式問題に合わせて加筆修正したもの)

著者:濵﨑潤之輔(HUMMER;ハマー)

定価:2300円+税

ページ数:216ページ(本冊)+168ページ(別冊)

目標スコア:990点

付属品:CD2枚(1枚は本冊の音声,もう1枚は別冊のリスニングパートを収録)

990点近くではなく,990点を取るためのマインドを授けるのが本書の目的ということで,参考書の至る所に『990点獲得のポイントと攻略法』が登場するのが大きな特徴です。

各パートごとに用意された例題で攻略法を確認し『これがHUMMER式アプローチ!』と書かれた部分を読むことが,最初に行うメニューのおおまかな流れ。

ここでの目の付け所はもちろん,そのあとに続くトレーニング内容(詳細は後述)は,よくあるTOEICの総合対策本とは一線を画しています

とはいえ,トレーニング後には,本番同様の形式での練習問題が付いているので,トレーニングを通して練習した内容が本当に身に付いたのか確認できますし,すべてのパート別対策を学び終えた暁には,別冊の模擬テストを用いた総仕上げが可能。

このように,毎日のトレーニングから公開テスト前の最終調整まで使えてしまえるため,まさにTOEIC満点スコアを目指す人のバイブル的存在に位置付けてしまって良いほどの完全版となっております(笑)

それでは,次章で本書の目次を確認したら,各パートごとにどのようなトレーニングが紹介されているのか,実際にレビューしていくことにしましょう!

 

 

もくじ

細かな説明の後は,Part1からPart7までの各章ごとに要点と攻略法を学んでいくスタイル

Part3と4だけは別々の章とはせず一個にまとめられていますが,それ以外のパートは独立した構成になっています。

先ほど軽く紹介しましたが,メインとなる本書の使い方手順をおさらいすると,

  1. 990点獲得のポイントと攻略法を読む
  2. Trainingでは,与えられたメニューをこなしながらポイントを理解する
  3. 実際のテスト形式のPractice TESTを解いてみる

となっています。

 

その他,パートの合間に『コラム』と称する息抜き的な読み物が挿入されることもあり,わずかなページ数ではあるものの,リスニングセクションのおすすめ練習法であったり,リーディングセクションで難解とされる文挿入問題(Part6 )の特殊な解き方やPart7の位置選択問題含む超発展的な解答手順など,ここでしか語られない示唆に富んだ方法論が刺激的です↓↓

 

あ,本書の最後には別冊の模擬試験を解いて仕上げですからね↓↓

なお,解答用紙は模擬試験以外のTraining,Prafctice TEST用のものまであります(計3枚)。

 

 

内容のレビュー

Part1

Part1を苦手と言う人は990点を目指す人の中にはいないと思いますが,990点を取得するには全問正解が必要です。

そのためのポイントとして,上級者でも間違えてしまうポイントを2点ほど挙げて,それらについてのみ本書では対策していきます。

ポイント解説には例題も含まれていますが,HUMMER氏の提示するポイントを具体的にイメージしやすい内容のものになっていて・・・いきなり例題1から間違えました(笑)

 

攻略法ゾーンでは,『超上級の技術』というコーナーが設けられており,上級者も興味を持って読める議論が交わされています↓↓

 

ちなみにメインコンテンツとも言える『Training』ではPart1で出題されうる難問を51題用意↓↓

しかもよくその指示をみると,解くのではありません,ディクテーションするんです(笑)

例えば一番では,Some baskets are mounted on a bicycle. と書き取ることになります。

 

CDには1つのトラックに5つの文が収録されており,全英文を聴き取れるまでリピート再生しました。

全部で5回は聞きましたが,それでも間違えるものは間違えてしまいます。

馴染みのない言い回しだったのがミスの主な原因ですが,できなかったものにはチェックをつけておき,後日そこだけまたやり直すことにしました(欲を言えば,各トラックに1文だけ収録されていればできない問題だけでプレイリストが作れて助かるのですが,それだとトラックが99個を超えてしまい,CDに収録できなくなってしまうからなのかなと推察します)。

いやー,しかし,満点への道は険しいですね。

1通りやるだけでも,5つの英文の書き取りに10分,解答確認合わせて2時間位かかりました。

 

Practice TESTは全部で6問。

全文と訳,さらには話者の国まで記載され,解説も必要十分です。

 

Part2

お次はパート2です。

ここでは濵﨑氏が『変化球に対する瞬発力』と呼ぶ力を2つのポイントに分けて身につけていきます。

例題を解くも,また再び1問ミス。

「あー難しい(誉め言葉)!」

it や our の聴き取り一つで,大きく結果が変わってくるところが恐ろしい・・・

 

Part2の『超上級の技術』には,最初の発言内容自体を忘れにくくするための技術が書かれています。

ハードルは高いですが,このレベルを目指せばよいのだと大変参考になります。

氏の著作でおなじみの記述も散見されるので,ニヤリ。

 

パート2のTrainingは55題のディクテーション。

できないものには何らかのキーとなる表現が含まれているのですが,そういった知らない表現をみんなまとめてオリジナルの単語帳を作るようにするのは,900点以上のスコアホルダーの方の多くが実践されている方法だったんですね。

私もスタディサプリENLGISHをやっていたときにコーチに薦められました。

 

Part1のときに比べ1問あたりの英文が長いので,一つこなすのに3分ほど消費。

計3時間弱で終了しました(もちろん1日では終わりませんでした)。

練習を終えたら,Practice TESTという名の予想問題で練習します。

Part1同様,Part2も,実際のテストと同じ量の25問。

 

Part3&4

このTOEIC L&Rテスト990点攻略改訂版では,Part3と4が一つの章にまとめられています。

というのもこの2パートで攻略法は共通になるからです。

990点を目指すレベルの学習者は,トークの内容をほぼ全て聞き取れているのは前提になっています(900点レベルの自分にはちょっと早かったのは重々承知の上です)。

ですが,ポイントの2つ目(正解の根拠が1か所にしか登場しない問題の解き方)は何としてもモノにしたいですよね!!

よく聞く『先読み』について解説していますが,ただ「先を読んで待ち構えましょう」程度の解説ではもちろんありません↓↓

 

例題は3問ですが,TrainingとPractice TESTはPart3と4で別個にそれぞれ用意され,Training内容は,

  1. 会話(4はトーク)のポイントを予測
  2. 解答する
  3. リーズニング(解答の根拠を示す作業)とディクテーションを兼ねたトレーニング

の3部仕立てになっていて,時間はそれほどかけずにしっかり論理力を磨ける内容に仕上げられています↓↓

Part3と4でトレーニングは全部で4スキッドずつ(各3問の計12問)。

時間にして1つのスキッドに15~20分かかりました(それにしてもオーストラリア人の英語が本当に聴き取れない)。

なお,Practice TESTは5スキッド×3問の15題から成ります。

全部で単純計算して6時間かかるほどの膨大な量でしたが,その頑張りに見合うだけの充実感はありました(し,結果に反映されることを期待したいです)。

 

Part5

990点の障壁となるのが,ここでの語彙・語法問題です。

形だけでは決められないので,全部読むのは同じですが,知らない語については一つ一つ意味や用法(例えばここではabbreviate)について調べる努力が大切になってくるんですね。

本にも書いてありますが,リーディングパートで495点取らなくてはいけないわけですからね(満点狙う人は,凄まじいことに挑んでいるんだなと再確認)。

Trainingに用意されているのは文脈型タイプの難問が30。

解説合わせて30分弱でできましたが,出来は8割。

なんとなく合っていたものも,単語の意味などはっきり説明できるかと言われれば怪しいものです↓↓

 

そして,ぴらっとめくった次のページからは,Review of Training という見慣れない文字が。

「え,同じ問題?!またやるの?!」

と思ってよく見ると,1回目と選択肢で聞かれている箇所が違う!!

こんな仕掛けを用意してくるとは,まさに大胆不敵の良書ですね。

 

Practice Test も30問あるので,計90題を1時間30分弱で解くことになりました。

全部語彙・語法問題でそれも難問だらけですからね。

解説は親切丁寧ですが,全部読む羽目になりますので,時間の割に疲れました。

右ページのセリフに励まされます(笑)

 

Part6

パート6では空所に文を入れるものがピックアップされていますが,実際には文法問題も含めて1スキッドの4問すべて解くことになりますので,普通に網羅的に学ぶ感じです。

方針としては全文を読み,3つの視点から根拠を導き出していきます。

本書ではここの例題解説が非常に丁寧なのが特徴的で,問題を読む流れが番号で示されていました↓↓

Delayed Clue(遅れて登場する手がかり)を強く意識するようにしましょう。

この技術は次のPart7でも重用しますからね。

 

ちなみに,本パートではTrainingはありません,Practice Testが4つ(つまり計16問)を解きます。

大体どれも5~7分前後で解説まで読み終わり,とりあえず一通りやるのに1時間半強がかかりました。

 

Part7

ついに最後のPart7まで来ましたね!

990点獲得のポイントとして,本書では早く正確に読む方法を学びますが,技を使っていると変に意識せず,ルーチンワークのように決められた手順を淡々とこなしていく態度が必要になります。

質問内容はリテンションして,簡単な言葉に言い換え,先に質問文に目を通すのが本書の方針ですね。

 

6題あるTrainingやPractice Test(5題)を通して,答えに到った根拠づけをしっかりできるようにすることで読みの精度を高めます

どちらもしっかりとした解説がありますが,特にTrainingでは,ルーチンワークのプロセスが事細かく書かれているので,真似しやすく大変ありがたかったです。

例えば,「タイトルを見る」みたいな,些細なことではあるものの実際するのかどうか気になることもわかるので安心できます。

本書を読んで,indicateやsuggestといった質問文の答えは,キーワードを発見してすぐに選択肢を見るのではないことがわかりましたし,正解が見つかっても残りの選択肢にも一応目を通していること(ただし間違いの根拠は探さない)などが確認できたのがよかったです。

全部で1.5時間弱(大体1つ10分弱)で,長文の正しい解き方の手順を学べました。

とはいえ,216ページのコラムにもあるように,Part7の解答手順は人それぞれのやり方があることを本書でも認めており,自分のレベルに応じて,『「超上級」解答手順』にもいつかは挑戦してみたいところです。

 

別冊

別冊にはフルサイズの模試(1回分200問)が収録されています。

前半部分が問題で,解説部分が後半に載っていますが,色分けされている感じからがお分かり頂けますでしょうか↓↓

 

予想スコアも計算できますが,このFinal Testは実際のTOEIC公開テストより難しめになっています。

それを知っておかないと,解きながら不要に焦ってしまいます(かといって正解できなくていいわけでもないのですが)。

心して挑みましょう!

 

 

まとめ

以上,市販本されている指南書としては貴重な,

TOEIC®L&Rテスト990点攻略改訂版(新形式問題対応)

のレビューでした。

本書をやるのにかかった時間をまとめると,

  • Part1:2時間
  • Part2:3時間
  • Part3&4:6時間
  • Part5:1.5時間
  • Part6:1.5時間
  • Part7:1.5時間
  • 模試:3時間
  • 計18.5時間

のようになりました。

毎日取り組んで2週間程度かかりましたね。

しかもこれは1通りやるのにかかった時間ですので,復習や単語まとめの時間は除いてこれだけのボリュームです。

 

本書では,TOEICの各パートで特に難問に分類される1,2問に焦点を当てて,その攻略法について紙面を多く割き真面目に対策するタイプの問題集でした。

演習量は同じ厚さの本とは比較にならないほど多く,リスニングではとにかくディクテーション,さらに余裕が出たら,スラッシュリーディングややまと言葉落としといった,通訳者がよくやるトレーニング技法も載っていましたね。

私はスタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランを受講していた時に専属コーチに教えてもらったので馴染みがありましたが,初めてそういった語句について聞く方は,以下のトレーニング技法についての記事もご覧ください↓↓

TOEIC学習に役立つおすすめテクニック!

 

このように言ってしまうと,本書はテクニック重視かと思われるかもしれませんが,書いてある内容自体はそう奇をてらったものではありません

むしろ990点の到達への答えが,意外とTOEIC当初の学習から言われ続けてきた方法論であることを再認識したときに,

「あ,これこそTOEIC学習者が最後に到達する結論なのかもしれない」

とやたらと腑に落ちていた自分がいたほどです(まったく関係ありませんが,ONE PEACEのロジャー船長が残した秘宝もそういった類のもののような気がしています)。

当たり前の大切さに気づけたことが,私的には本書で学んだものの中で大きな収穫だったかと思います。

 

全てやり終わったので,あとは濵﨑氏の指示通り,付属CD2枚を毎日3か月間シャドーイングしていきますね!

990点を目指す皆さんは,是非本書で学んでみることをおすすめします。

 

最後になりましたが,本書で使われるオーバーラッピング・リピーティング・シャドーイングなどのテクニックは,以下の同氏の著作においても解説されています。

興味がある方はぜひどうぞ↓↓

【レビュー】マンガで攻略!はじめてのTOEICテスト全パート対策

 

拙いレビューでしたが,最後までお読みいただきありがとうございました。

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEIC参考書のレビュー
    -,

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.