TOEIC L&Rテスト990点攻略のレビュー!特徴と必要な時間数をまとめました!

今回レビューする濵﨑潤之輔氏による「TOEIC L&Rテスト990点攻略」ですが,スコア900点では満足できない方のために,990点満点を取得するためのトレーニングをまとめたものとなります。

同じような方針の本に以下のような参考書がありますが,こういった本の場合は普通に問題を解くことはせず,より負荷を高めたトレーニングや意識改革を重要視するのが特徴です↓↓

本書ではどのような独自トレーニングがあるのでしょうか。

楽しみにレビューの方していきましょう!

本書の概要について

  • 書籍名:TOEIC L&Rテスト990点攻略改訂版
  • 著者:濵﨑潤之輔(HUMMER)
  • 定価:2,300円+税
  • ページ数:216ページ(本冊)+168ページ(別冊)
  • 目標スコア:990点
  • 付属品:CD2枚(1枚は本冊の音声,もう1枚は別冊のリスニングパートを収録)

「990点に近づける」ではなく「990点を取る」ためのマインドを授けるのが本書の目的ということで,参考書の至る所に「990点獲得のポイントと攻略法」が登場するのが大きな特徴です。

各パートごとに用意された例題で攻略法を確認し,「これがHUMMER式アプローチ!」と書かれた部分を読むことが,最初に行うメニューのおおまかな流れ。

ここで指摘されるポイントやその後に続くトレーニング内容(後述)は,一般向けのTOEICの総合対策本(いわゆる600~700点台を目標にするもの)とは一線を画しています

トレーニング後には本番の形式と同様の練習問題が付いているので,トレーニングを通して練習した内容が本当に身に付いたのかを確認できますし,すべてのパート別対策を学び終えた暁には,別冊の模擬テストを用いた総仕上げが可能です。

このように,毎日のトレーニングから公開テスト前の最終調整まで広く使えてしまえるため,まさにTOEIC満点を目指す人のバイブル的存在と見なしてしまえるほどの完全版となっています。

目次は以下の通り↓↓

もくじ

使い方の説明やテスト概要を学んだ後は,Part1からPart7までの各章ごとに要点と攻略法を学んでいくスタイルです。

Part3と4だけは別々の章とはせず一個にまとめられていますが,それ以外のパートは独立した構成になっています。

これはHUMMER氏の他の著書でも同じでした↓↓

先ほど軽く紹介しましたが,メインとなる本書の使い方についておさらいすると,

  1. 990点獲得のためのポイントと攻略法を読む
  2. Trainingで与えられたメニューをこなす
  3. 本番同様の形式であるPractice TESTを解く

といった手順となっています。

その他,パートの合間に「コラム」と称する息抜き的な読み物が挿入されることもあり,わずかなページ数ではあるものの,リスニングセクションのおすすめ練習法であったり,リーディングセクションで難解とされる文挿入問題(Part6)の特殊な解き方やPart7の位置選択問題含む超発展的な解答手順など,ここでしか語られない方法論が大変に刺激的です↓↓

コラム

マークの練習もできるようにとマークシートもついており,模擬試験用のものはもちろん,TrainingやPrafctice TEST用のものまで計3枚ありました。

 

内容のレビュー

Part1

TOEICのPart1を苦手と言う人は990点を目指す人の中にはいないと思いますが,990点を取得するには1問たりとも落とさないという意気込みが必要です。

全問正解を目指すためのポイントとして,本書では上級者でも間違えてしまうポイントを2点ほど挙げ,それらについてのみ対策していきます。

ポイント解説には例題も含まれていますが,HUMMER氏の提示するポイントを具体的にイメージしやすい内容のものになっているのですが,その真意を理解していないと,私のようにいきなり例題1から間違えるかもしれません(笑)

ポイントと解き方を解説するページには,「超上級の技術」というコーナーが設けられており,上級者も興味を持って読める議論が交わされています↓↓

超上級の技術

ちなみにメインコンテンツとも言える「Training」にはPart1で出題されうる難問が51題も用意されていますが,選択肢が一切ないのです。

これはどうしたことかと,そこにある指示をみてみると,解くのではありません。

なんと,聞いた内容をディクテーションするのです↓↓

Part1のトレーニング

例えば一番では,Some baskets are mounted on a bicycle. と書き取ることになります。

CDには1つのトラックに5つの文が収録されており,全英文を聴き取れるまでリピート再生しました。

全部で5回は聞きましたが,それでも難しいものは何度聞いても間違えてしまいます。

馴染みのない言い回しだったのがミスの主な原因ですが,できなかったものにはチェックをつけておき,後日そこだけまたやり直すことにしました。

欲を言えば,各トラックに1文だけ収録されていればできない問題だけでプレイリストが作れて助かるのですが,それだとトラックが99個を超えてしまい,CDに収録できなくなってしまうのでしょうね。

しかし,満点への道は大変に険しいですね。

1通りやるだけでも,5つの英文を書き取るのに10分。

解答の確認まで合わせてみれば計2時間位かかっていました。

続くPractice TESTは全部で6問。

全文と訳,さらには話者の国籍までもが記載され,訛り対策もばっちりです↓↓

Part1のPractice TESTの解答解説

Part2

お次はPart2です。

ここでは濵﨑氏が「変化球に対する瞬発力」と呼ぶ力を,2つのポイントに分けて身につけていきます。

例題を解くも,また再び1問ミス。

ああ難しい(誉め言葉)!

itやourの聴き取り一つで,大きく結果が変わってくるところが恐ろしいです。

Part2の「超上級の技術」には,最初の発言内容自体を忘れにくくするための技術が書かれていました。

ハードルは高いですが,このレベルを目指せばよいのだと大変参考になります。

氏の著作でおなじみの記述も散見されて,いちファンとしてはニヤリ↓↓

990点獲得への道

Part2のTrainingは55題のディクテーションです。

できないものには何らかの鍵となる表現が含まれているものですが,そういった知らない表現を少しずつ書き留めていって,最終的にオリジナルの単語帳を作ってしまうという勉強法は,900点以上のスコアホルダーが実践されている方法のようで,私も真似してやってみようと思います。

Part1のときに比べて1問あたりの英文が長いので,一つこなすのに3分ほど消費。

1日では終わらりませんでしたが,合わせて3時間弱で終了しました。

練習を終えたら,Practice TESTという名の予想問題で練習します。

Part1同様,Part2も実際のテストと同じ量の25問です。

Part3&4

この「TOEIC(R)L&Rテスト990点攻略」では,Part3と4が一つの章にまとめられています。

というのも,この2つのパートの攻略法は共通だからです。

なお,990点を目指すレベルの学習者は,トークの内容をほぼ全て聞き取れているのが前提となっています(900点レベルの自分にはちょっと早かったのは重々承知の上です)。

ポイントの2つ目には,正解の根拠が1か所にしか登場しない問題の解き方が出てきましたが,こちらについては私も本番で大変苦しめられたので,今回何としてもできるようにしたいと思います。

攻略法としてよく耳にする「先読み」についての解説もありますが,ただ「先まで読んで待ち構えましょう」程度の浅い解説ではありません↓↓

TOEIC Part3&4の先読みについて

例題数は3問と少な目でしたが,それに続くTrainingとPractice TESTの量は十分な量が用意されていました。

Trainingで行うことになる内容は,

  1. 会話(4はトーク)のポイントを予測する
  2. 解答する
  3. リーズニング(解答の根拠を示す作業)とディクテーション

の3部仕立てになっていて,時間はそれほどかからずとも,しっかり論理力を磨ける内容に仕上げられています↓↓

Part3のTraining内容

Part3と4でトレーニングは全部で4スキッドずつ(各3問あるので計12問)です。

時間にして1つのスキッドに15~20分かかりました。

なお,Practice TESTは5スキッド×3問の計15題から成ります。

単純計算しても全部で6時間かかるほどの膨大な量でしたが,その頑張りに見合うだけの達成感はありました。

これが結果に反映されることを切望します。

Part5

990点の障壁となるのが,Part5における語彙・語法問題です。

形だけでは決められないので,全部読む解き方については他の本と同じことを言っていますが,知らなかった語については一つ一つ意味や用法について調べる努力が大切になってきます

当たり前ですが,リスニングよりも難しいリーディングパートで495点満点取らなければ990点は達成できないわけですから,凄まじいことに挑もうとしていると再認識しました。

Trainingに用意されているのは文脈型タイプの難問が30問。

解説合わせて30分弱でできましたが,出来は8割。

なんとなく合っていたものも,単語の意味などはっきり説明できるかと言われれば怪しいものです↓↓

そして,ぴらっとめくった次のページでは「Review of Training」という見慣れないタイトルが!

「え,同じ問題?またやるの?」と戸惑いの目でよくよく確認すると,1回目とは選択肢で聞かれている箇所が違うではありませんか↓↓

Review of trainingとTrainingの比較

こんな仕掛けを用意しているとは,まさに大胆不敵な本書ですよね。

Practice Testも30問あるので,計90題を1時間30分弱で解くこととなりました。

全部が語彙・語法問題で,それも難問だらけですからね。

解説は親切丁寧に書かれていますが,全部読む羽目になりますので,時間の割に疲れました↓↓

PART5の解答解説

このようにパートをまたぐときは,右ページのようなセリフに励まされます(笑)

Part6

本書ではPart6の例題解説が非常に丁寧なのが特徴的で,問題を読む流れが番号で示されていました↓↓

Part6を解くコツ

満点狙いですと,Delayed Clue(遅れて登場する手がかり)を強く意識しなければなりません。

なお,この技術は次のPart7でも重用します。

ちなみに本パートでは例外的にTrainingがありません。

Practice Testを4つ(つまり計16問)解きいて終わりです。

大体どれも5~7分前後で解説まで読み終わるので,とりあえず一通りやるのに1時間半強がかかりました。

Part7

ついに最後のPart7まで来ましたね!

990点獲得のポイントとして,本書では早く正確に読む方法を学びますが,技を使っていることを変に意識せず,まるでルーチンワークのように決められた手順を淡々とこなしていく態度も重要となります。

質問内容はリテンションして簡単な言葉に言い換え,先に質問文に目を通すのが本書の方針でしたね。

6題あるTrainingやPractice Test(5題)を通して,答えに到った根拠づけをしっかりできるようにすることで読みの精度を高めます

どちらもしっかりとした解説がありますが,特にTrainingでは,ルーチンワークの手順が事細かく書かれているので,大変に真似しやすくありがたかったです↓↓

Part7の解説

「Eメールのタイトルを読む」みたいな,些細な疑問にも答えてもらえるところが安心できます。

本書を読んで,indicateやsuggestといった質問文の答えは,キーワードを発見してすぐに選択肢を見るのではないことがわかりましたし,正解が見つかっても残りの選択肢にも一応目を通すような,満点取得者のルーチンワークが確認できてよかったです。

ここでしか聞けない重要な情報が確かにあります。

全部で1.5時間弱(大体1つ10分弱)で,長文の正しい解き方の手順を学べました。

とはいえ,216ページのコラムにもあるように,Part7の解答手順は人それぞれのやり方があることを本書でも認めており,自分のレベルに応じて,「超上級解答手順」にもいつかは挑戦してみたいところです。

別冊

別冊にはフルサイズの模試(1回分200問)が収録されています↓↓

別冊とマークシート

これまでの解説部分と同じくらいのページ数がある別冊ですが,解答解説ももちろんあって,予想スコアも計算できました。

ちょっと正答率が低いかなぁと思ったのですが,どうやらこのFinal Testは,実際の公開テストより難しめになっているようですね↓↓

予想スコア

それを知っておかないと,解きながら不要に焦ってしまうので注意してください。

かといって,正解できなくていいわけでもないので,心して挑みましょう!

 

まとめ

表紙

以上,市販本されている指南書としては貴重な「TOEIC L&Rテスト990点攻略」のレビューでした。

本書をやるのにかかった時間をまとめると,

  • Part1=2時間
  • Part2=3時間
  • Part3&4=6時間
  • Part5=1.5時間
  • Part6=1.5時間
  • Part7=1.5時間
  • 模試=3時間

のようになります。

計18.5時間でしたから,毎日取り組んでも2週間程度かかりましたね。

しかもこれは1通りやるのにかかった時間ですので,復習や単語まとめの時間は除いて,これだけのボリュームになるということです。

本書では,TOEICの各パートで特に難問に分類される数問に焦点を当てて,その攻略法について紙面を多く割いて真面目に対策するタイプの問題集でした。

演習量は同じ厚さの本とは比較にならないほど多く,リスニングではとにかくディクテーション,さらに余裕が出たらスラッシュリーディングややまと言葉落としといった,通訳者がよくやるトレーニング技法も載っていましたね↓↓

このように書いてしまうと,本書がテクニック重視的な本のように誤解されるかもしれませんが,ここに書いてある内容はそう奇をてらったものではありません

むしろ,990点の到達への答えが,意外とTOEIC当初の学習から言われ続けてきた方法論であることを再認識したときに,「あ,これこそTOEIC学習者が最後に到達する結論なのかもしれない」と腑に落ちている自分がいたほどです(まったく関係ありませんが,ONE PIECEのロジャー船長が残した秘宝もそういった類のもののような気がしています)。

当たり前の大切さに気づけたことが,私的には本書で学んだものの中で大きな収穫でした。

全てやり終わったので,あとは濵﨑氏の指示通り,付属CD2枚を3ヶ月間毎日シャドーイングしていこうと思います。

990点を目指す方は,是非本書で学んでみてください↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC参考書, 総合対策
-,

© 2020 スタディTOEIC®