TOEICの目標スコア達成に必要な勉強時間をまとめました!

TOEICで目標スコアを設定するのはいいですが,現時点の実力を上げるためにどれだけの勉強時間が必要なのでしょうか。

まずは母語である日本語について考えてみますと,私たちは2歳児の段階ですでに2000時間もの日本語をリスニングしてきた計算になるようです。

そしてこの「2000時間」というのは,英語を含むあらゆる言語において,相手が話す内容を理解するために必要な時間であるとされています(似たような話に,あらゆる職業において「プロ」と呼べるレベルに達するためには10000時間が必要だという話もありますね)。

勉強の効率や才能なども影響するでしょう。

ですが,「どのレベルを目指すにしても,ある程度の時間を捧げなければ上達しない」ということは,やはり確かなことのように思います。

そこで今回の記事では,「特定のTOEICスコアを達成するのに必要な勉強時間」を中心に,「それを達成するための心構え」や「勉強時間を確保するための工夫」についてみていくことにしましょう!

TOEICスコアを100点上げるのに必要な時間

TOEICを運営している国際ビジネスコミュニケーション協会の資料の中に,「ネイティブ講師による英会話研修を受けた時間数と,研修前後のTOEICスコアの変化を比較したデータ」というのがあります。

まずは,それからみてみましょう↓↓

スコア100点アップに必要な勉強時間

  • 300点を400点にするには200時間が必要
  • 400点を500点にするには250時間が必要
  • 500点を600点にするには300時間が必要
  • 600点を700点にするには350時間が必要
  • 700点を800点にするには400時間が必要
  • 800点を900点にするには500時間が必要

これは1日2時間,週に2回の英語研修に基づくデータで,予復習の時間は含みません。

また,独学のみで同じ効果を得るためには,この2倍の時間数が必要になるということです。

上記の時間をすべて足してみるとわかりますが,先の「2000時間」を費やすと,TOEICのスコアを300点から900点にアップすることができます。

TOEICで900点近く取ってもネイティブの2歳児レベルというのはちょっと疑わしいですが,実際今の自分の英語力をみてみると,あながち間違っていないと思うようになりました。

他の900点取得者に尋ねても,皆さん口を揃えて「まだまだやっとスタート地点に立っただけだ」と言われます。

その他のデータの中で注目すべき内容としては,300時間学習するごとに自分の英語力が上昇したのを実感する人が多いということです。

数字というのは自分を裏切りません。

勉強していて挫折しそうなときは励みの1つになりますから,心のどこかに留めておきましょう!

 

スコアアップのための2つの心構え

ここではTOEICのスコアをアップさせるための2つの心構えについて見ていきましょう。

まずは三井住友海上の社長の談話をどうぞ↓↓

私が上司の立場になって意識して行ったのは,難しい案件はあえて一番忙しい部下に託すことだった。忙しい人間ほど,限られた時間内に多くの案件を処理するスピードが要求され,決断力が研ぎ澄まされているからだ(2015年,柄澤康喜談)。

この話からは「忙しさ」について考えさせられます。

まず最初に言いたいのは,「忙しいからできない」というのは言い訳だということです。

学生時代によく見かけましたが,勉強ができる人というのは部活も熱心にやっています。

時間の大切さを知っているからこそ,ちょっとした空き時間も無駄にしなくなるようです。

また,私事にはなりますが,とある習い事をしていて「忙しいからお休みします」と伝えたところ,先生は許してくれませんでした。

これも上の理屈で考えてみれば「忙しいのを承知で始めたのだから,忙しさは言い訳にできない」ということなのでしょう(その証拠に「やる気が出ないので休みます」と言ったときは何も言われませんでした)。

ここで立ち止まって,「どうしてTOEICの勉強をしようと思ったのか」考えてみてください。

おそらくみなさん,覚悟を決めて始めたはずです。

ならば,忙しさを言い訳にする姿勢は今日から改めなければなりません。

もう1つ,先の話から学べることとして,締め切りこそが人を成長させるということがあります。

「暇だからTOEICでも勉強するか」という態度では,結局だらだらと続ける羽目になり,大きな成長を見せるでもなく,結局自然にフェードアウトしてしまうのではないでしょうか。

終わりがないということは,きりがないということでもあります。

「締め切りがあるおかげで,なんとかその日までに仕上げようと頑張れるし,実力以上の作品が作れるんだ。」とは漫画家の親友の言ですが,音楽で作曲したり絵を描くような場合においても,締め切りがなければ気になるところをずっと直しつづける羽目になるでしょう。

TOEICも芸術も趣味でやる分には構いませんが,仕事としてやるならば,短期間で目標を達成するように設定しましょう。

TOEICの学習において1日2時間,週6回勉強した場合,約半年で300時間が達成できます(1日1時間だと1年です)。

半年で100点近くのスコアアップは夢ではありません。

少なくとも実力アップを実感するレベルには達します。

以上より,TOEICの勉強を始めるときは「1~2時間は毎日必ず英語に捧げる」と決め,「半年(または1年)でTOEICスコアを100点アップさせる」ことを目標に勉強するのが健全な姿勢だと言えるでしょう。

 

目標スコア達成に必要な時間はスキマ時間で作る

1日に2時間というのは比較的長い時間のように思われますが,連続した2時間を空けるのではなく,10分や15分といったスキマ時間(ちょっとした空き時間)を集めていくようにすれば,実現はそこまで大変なものではありません。

最近よく耳にするようになったこの「スキマ時間」ですが,代表例としては「通勤や通学時間」の他に「ながら時間」というものがあります。

朝食を食べながら英字新聞を読んだり,歩きながらイヤホンで英語を聞くことがそれに当たりますので,積極的に活用していきたいですね。

注意点ですが,スキマ時間における英語学習では聞き流しがメインの勉強法になります。

そのため,初めて聞く音源は教材として相応しくありません。

逆に1度完璧に理解したものであれば,聞き流しているだけでも意味や音が頭に入ってくるので,既習内容を使って勉強するようにしましょう。

 

まとめ

ここまで,TOEICの目標スコアとスコアアップに必要な時間を比較し,忙しさにまつわる2つの考え方とスキマ時間の重要性についてもみてきました。

今回の記事の要点をまとめると,

  • 勉強時間としてはまず300時間を1つ目安にしよう
  • 忙しさを言い訳にせず,締め切りも設定する
  • 勉強時間はスキマ時間から捻出し,1日1時間を目標に

ということになります。

毎日どのくらい勉強したかについては,日記に書いて残してもよいですし,最近のスマホアプリの中には,勉強時間を計測してくれるものや,自分で簡単に入力して記録できるものもあります。

繰り返しにはなりますが,勉強時間は数値で可視化できるので誤魔化しようがなく,絶対的な価値を持つ物差しとして機能します。

是非とも300時間を目安に,忙しい生活の中に英語学習を取り入れるように工夫してみましょう!

目標スコア別の具体的な勉強法については,以下の記事も参考にしてください↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-基礎知識

© 2020 スタディTOEIC