TOEICの目標スコアと必要時間を比較

TOEICで目標スコアを設定したときに,現時点の実力を上げるためにどれだけの勉強時間が必要でしょうか。

まずは母語についてですが,日本人である私たちがこれまでにどのくらいの日本語を耳にしてきたのか調べてみると,2歳児の段階ですでに2000時間ものリスニングをしてきた計算になるようです。

そして,この『2000時間』というのは,英語を含むあらゆる言語においても,相手が話す内容を理解するために必要な時間であるとされています。

似たような話に,あらゆる職業において『プロ』と呼べるレベルに達するためには10000時間が必要でだという話もあります。

どのレベルを目指すにしても,ある程度の時間を捧げなければ言語は上達しないというのは,誰もが納得できることですが,今回の記事では,『TOEICの目標スコアと必要な時間数の比較』に加え,『それを達成するための心構え』,さらには『一定の勉強時間を確保するためにどんな工夫が考えられるのか』についてみていきましょう。

TOEICスコアを100点上げるのに必要な時間を比較

Efraimstochter / Pixabay

TOEICを運営している国際ビジネスコミュニケーションズの資料の中に,『ネイティブ講師による英会話研修を受けた時間数と研修前後のTOEICスコアの変化を比較したデータ』があります。

まずは,それをみてみましょう↓↓

『TOEICスコアと勉強時間の比較データ』

300点を400点にするには200時間が必要

400点を500点にするには250時間が必要

500点を600点にするには300時間が必要

600点を700点にするには350時間が必要

700点を800点にするには400時間が必要

800点を900点にするには500時間が必要

※これは1日2時間,週に2回の英語研修に基づくデータで,予習や復習の時間は含みません。なお,独学のみで同じ効果を得るためには,この約2倍の時間数が必要だということです。

上記の時間をすべて足すと,TOEIC300点→900点にアップさせるのに,例の2000時間が必要だということがわかります。

TOEICで900点取ってもネイティブの2歳児レベルというのも,英語ができる方の意見を聞いてみると,実はあながち間違っていないのかもしれません。

皆さん口を揃えては,まだまだやっとスタート地点に立っただけだといいますから。

 

その他のデータとして注目すべきは,300時間の学習ごとに,自分の英語力の上昇を実感された方が比較的多いということです。

これは,勉強していて挫折しそうなときの励みになりますから,一つの目安として覚えておきましょう。

 

 

スコアUPのための心構え

TeroVesalainen / Pixabay

ここではTOEICのスコアをUPさせるための2つの心構えについて見ていきましょう。

まずは三井住友海上の社長の話からです。

私が上司の立場になって意識して行ったのは、難しい案件はあえて一番忙しい部下に託すことだった。忙しい人間ほど、限られた時間内に多くの案件を処理するスピードが要求され、決断力が研ぎ澄まされているからだ(2015年,柄澤康喜談)。

この話から学べること,それは,『忙しいからできない』というのは言い訳だということです。

私自身も経験があるのですが,とあるレッスンで,「忙しいからお休みします。」といったところ,その先生は許してくれませんでした。

毎日忙しかったけれどやってみることにしたのだから,時間が捻出できることは最初からわかっているはず。」という理屈なのでしょう。

その証拠に,「やる気がないのでお休みします。」と言ったときは,何も言われませんでした(他には病気のときなど)。

TOEICのスコアUPを目指す際は,ある程度の覚悟を決めてから始めることになるわけですから,「忙しいからできない。」という言い訳はしないようにしたいものです。

 

次に知っておくべきこととしては,締め切りを設けることが大事だということです。

「暇だから英語でも勉強するか。」

と考えても,結局ダラダラと続けることになり,英語をモノにする前にやめてしまうことがほとんどだと言います。

また,終わりがないということは,きりがないということでもあるわけです。

「締め切りがあるおかげで,なんとかその日までに仕上げようと頑張れるし,実力以上の力が出たりもする。」

とは漫画家の友達の言ですが,音楽で作曲したり,絵を描いたりする場合においても,

「締め切りがないと,気になるところをずっと直しつづける羽目になってしまう。」

という葛藤に悩まされることになります。

TOEICも芸術も趣味でやる分には構いませんが,仕事としてやる際は,短期間である程度の結果を出すことを目標に設定しましょう。

TOEICの学習においては,1日2時間,週6で学習した場合,約半年で300時間が達成できます。

1日に1時間なら約1年です。

 

これまで述べたことを合わせて考えれば,TOEICの勉強を始めるときは,「必ず1~2時間は毎日英語に捧げる」という覚悟を決め,「半年(または1年)でTOEICスコアを100点アップ」することを目標に勉強するのが,健全で正しい考え方ではないでしょうか。

 

 

目標スコア達成に必要な時間はスキマ時間で作る

95839 / Pixabay

1日に2時間というのは比較的長い時間のように思われますが,まとめて取る代わりに,10分や15分といったスキマ時間を集めていけば,実際はそこまで大変なものではありません。

最近よく耳にするようになったこの『スキマ時間』ですが,例としては,『通勤・通学時間』の他に,『ながら時間』というものがあります。

朝食を食べながら英字新聞を読んだり,歩きながらイヤホンで英語を聞くことが,それにあたりますので,積極的に使っていきたいですね。

 

なお,一つ注意点として,スキマ時間における英語の勉強は,流し聞くすることがメインの勉強法となるため,初めて聞く音源は,教材としては適していません

逆に1度完璧に理解した音源については,流しているだけでも意味や音が明確に聞きとれるので,教材の既習内容を使って勉強するようにしましょう。

 

 

まとめ

Hans / Pixabay

TOEICの目標スコアと必要時間を比較し,スキマ時間の重要性についてみてきました。

今回の記事の主な内容をまとめると,

TOEICで目標スコアを達成するにはまず300時間を目指そう

TOEIC学習にあたっては忙しさを言い訳にせず,締め切りを設定する

勉強時間はスキマ時間を利用し2時間程度を目標にすべし

ということになります。

 

毎日どのくらい勉強できたのかは,日記に書いても良いですし,最近のTOEIC対策アプリの中には,勉強時間を自動で計測してくれるものや,自分で簡単に入力して記録できるものもあります。

このサイトでもそういったアプリをいくつか紹介しているのでレビュー記事の方参考にしてみてください↓↓

おすすめTOEICアプリ

 

勉強時間は数値なので誤魔化しようがなく,絶対的な価値を持つ物差しとして機能します。

ぜひ300時間を目安に,忙しい生活の中に英語の学習を取り入れるように工夫してみましょう!

その他のTOEIC勉強法については,以下の比較記事を参考にしてください↓↓

TOEICで定評のある,おすすめ勉強法を比較

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEICの基礎知識

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.