『TOEICトレーニング - リスニング・文法・単語』のレビュー!全てがシンプル!

今回はFlipout LLCという会社が出しているTOEIC対策のできるアプリをレビューしていきたいと思います。

アプリの名前が『TOEICトレーニング -リスニング・文法・単語』となっており,なんともインパクトに欠けるのですが,内容に関してはシンプルかつ適度にまとまっている印象です。

それでは評判の方,合わせて早速見ていきましょう!

 

 

TOEICトレーニング - リスニング・文法・単語とは

名称:TOEICトレーニング - リスニング・文法・単語

提供:Flipout LLC

料金:無料

内容:新形式に対応したTOEIC対策アプリ。Part1からPart4までのリスニングパートはすべて網羅され,リーディングパートに関してはPart5の文法のみが収録されている。問題数はリスニングパートが全部で400問。Part5は300問。さらに,アプリのタイトルにある『単語』についてであるが,これはTOEICのスコア別に500問ずつ用意されている。

まず,TOEICの新形式に対応していますし,中身も非常に王道を行っていて,TOEIC形式に沿った問題が収録されています。

残念ながらPart6と7は問題がありませんが,単語の収録語数が圧巻の充実っぷりです。

TOEICスコア400点から100点刻みで800点までを5つにレベル分けし,それぞれに500問ずつあるので,収録単語をすべて合わせると,全部で2500語にもなります。

 

評判

良い口コミ

サクサク動くし,スキマ時間にパッと使いやすい

ヒアリング力を伸ばすのに適している

コンテンツの内容が充実している

悪い口コミ

リスニングパートの音声を途中から再生できるようにしてほしい

BGMが大きいが消し方がわからない

単語(Antique)の選択肢が間違っている

 

この『TOEICトレーニング』はアプリとして発表されてから数か月と日が浅いので,評価の数も少ないです。

が,レビュー内容を見る限り,これからも高評価を続けていくことは容易に想像できます。

なお,悪い口コミにある「BGMの音量をミュートできない件」についてですが,設定から簡単に調節することができるので,後で解説しますね。

広告は若干出ますが,無料ですからしょうがないですし,ストレスを感じるほどではありません。

 

 

管理人の体験談

基本画面の説明

画面の構成はいたってシンプル。メインコンテンツが真ん中に並び,気になるところを選んで勉強を進めていくだけ。

なお,左上の★のマークを押すとメニュー画面が開きます。

メニューについて簡単に説明しますと,まず『表彰状』というのは,3200問すべて正解したらいただけるそうで,ぜひ狙っていきたいですね。

 

次の『設定』は,このメニュー画面のメインです。

 

大きく2つのことができ,1つは音の調節,もう1つはデータのリセットです。

音量はオフ・小・中・大から選べ,BGM・効果音・リスニング音声の音量調節が可能です。

なお,音量を即座にミュートしたい場合は,Top画面右上のスピーカーをタップします。緊急時にはこちらを使いましょう。

 

また,データのリセットは正解状態と正解数をリセットする機能です。

その他のメニューとしては,『お問合せ』をクリックすると提供元に直接メールを送ることができ,レビューや紹介をすることもできます。

 

ヒアリングパート

ヒアリング問題に共通して言えることですが,スピーカーのマークを押してミュートしている場合は,音声が聞こえませんので注意してください。

Part1では写真を見て,解答を選びます。ちょっと暗めのもありますが,アプリで少し厳しめの条件でやっておくと,実際のTOEIC問題も少しは簡単に見えるものです。

 

画面はシンプルでわかりやすく,解答も整頓されて掲載されています↓↓

右上のスピーカーのボタンを押すと聴き直すことができます。

さらに右上にあるチェックのボタンを押すと,この問題をチェック問題に保管することができます。

間違えた問題だけ集めて,まとめてやり直すことができるので便利ですね(写真は1問だけチェックした状態)↓↓

 

Part2は音声だけですが,こちらもPart1と同様に,問題にチェックができます。

何度も解いて,内容を覚えてきた頃にランダム出題を使うといいかと思いましたが,同一の問題が連続して出題されることもあって,使い勝手は良くありません。

 

Part3とPart4は会話を聞いて,3つの質問に一気に答えます。これらのPartには残念ながらチェックボタンはないので,間違ったものだけストックすることはできません。

 

問題を解き終わると,これまでと同様に問題文と解答などを確認することができます。スクリプトを見ながら,音声を確認することも簡単にできます。

選択肢を押すのがちょっと狭いかなとも思いますが,画面内にすべての問題を収める使い勝手の方を優先させた結果でしょう。下にある『回答終了ボタン』を押すまでは決定扱いされないので,特に不満はありません。

 

いちいちダウンロードで時間がかかるようなこともなく,アプリもサクサク動きます。

学習効果についてですが,リスニングパートには解説が存在せず,答えと本文しかないため,英文を見て,すぐに答えがわかるレベルの人でなければ,得られるものは少ないかもしれません。

 

文法パート

文法問題は全部で300問です。

このような問題が出され,適当なものを選びます。

すると,次のページでは,答えとその短文の訳の他,解説が出てきます。

文法問題を解くときは,「どうしてその答えになるか」という根拠づけが非常に大切になってきます。

そのため,解説はしっかり読んで納得していきましょう。

なお,Part5の問題では,Part1や2で見受けられたチェックボックスも復活しています。これは嬉しいですね。

 

英単語

英単語は,【400点レベル・500点レベル・600点レベル・700点レベル・800点レベル】の全部で5段階のレベルで分けられていて,一つのレベルごとに500語が用意されています。

すごい充実度ですね。

400点レベルのこんな単語から始まり,

 

800点レベルになるとこのような単語が出題されます↓↓

一つ一つ,個別に意味と解答が確認できますが,上の画像のように,5問ごとに,一覧の形で見ることもできます。

チェックボックスもありますので,間違えた単語や自信がなかった単語は片っ端から放り込んでいけば,自分だけの単語帳が作れますね。

余計な意味や発音記号はないからこそ,スピード感を持って単語を学習できるので,まとめて一気に勉強するときはピッタリです。

 

 

今回のレビューまとめ

StockSnap / Pixabay

以上,TOEICトレーニングのレビューでした。

まだ,アプリが公開されてから日が浅いのですが,余計なものをそぎ落としたシンプルさが,重くなりがちなTOEIC対策にスピード感を与えています。

スキマ時間にちょっとやるのにぴったりだと感じましたし,単語帳もボリュームがあって,満足度の高いアプリだったと思います。

 

無料ということで,広告がちょこちょこ入りますが,ストレスを感じるほどではありません。

ただ,欲を言わせてもらえば,リスニングを途中から再生できるようにしてほしいということと,やはりPart6や7の問題も欲しかったです。

 

総合的にみて,誰にでも勧められる優秀なTOEIC対策アプリでしたね。

TOEICトレーニング,おすすめです!

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEIC教材のレビュー

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.