TOEICのリスニングスコアを上げるには「スピーキング」がおすすめ!

TOEICのL&R対策をしていると,普通リスニングとリーディング以外のトレーニングは行わないでしょうが,600点を超えたあたりから伸び悩んだ際には,あえて「スピーキング」の学習を取り入れてみると,思わぬブレイクスルーに繋がるかもしれません

「発音できない英語は聞き取れない」と言いますが,これをさらに推し進めると「スピーキングできないからリスニングもできない」ということになるでしょう。

TOEICのリスニングスコアはリーディングのものより高くなるのが普通ですから,まずはリスニングだけで400点,そして満点へとスコアをいち早く伸ばしていきたいものです。

リスニングの点数がリーディングとあまり変わらない方も,是非お読みください!

TOEICの目標スコアとリスニングの関係

TOEIC600点を目標とする頃までは,丁寧にリスニングを行い,ナチュラルな英語に耳を慣らさせるだけでよかったのですが,700点が目標となる頃あたりから,「スピーキング」を学習法に取り入れ,自分で話せる英語を増やしていくことも1つです。

なお,目標スコアとリスニングスコアの関係は,

  • 700点目標:400点近く
  • 800点目標:450点近く
  • 900点目標:495点満点

のようになっており,例えば目標が900点超えであるにもかかわらず,リスニングが満点近く取れないようであれば,是非「スピーキング」を勉強計画に取り入れることが,スコア突破のきっかけになります。

後で詳しく紹介しますが,自分が話せる英語が増えることで,より聞き取りができるようになるわけですから。

なお,誤解のないように言っておきますと,スピーキングの勉強をするからといって,全く英語の音を聴かないことにはなりません。

ひょっとすると,これまで以上に英語音声を聴き込む必要も出てくることでしょう。

それほどまでにスピーキングとリスニングは密接に関係しています。

今回の記事では,上で紹介した3つのスコア(L400・450・495点)ごとに,別々のスピーキング学習法を段階的に紹介してみました。

とはいえ,もしリスニングセクションで満点を目指す方であっても,スピーキングが苦手なようであれば,より簡単なところから徐々にステップアップしていってください。

なお,これから「シャドーイング」や「ノートテイキング」といったテクニック名がいくつか出てきます。

それらのやり方にピンとこないようであれば,以下の記事を適宜参照してください↓↓

 

口を動かすところから始めよう!

スピーキングを行うといっても,いきなり何か適当に話してみるわけではありません。

第1段階としてまずは音声をゆっくり流し,聞こえた音をすぐに口から出す「シャドーイング」から始めましょう!

英文を1文まるまる聞き終えてから,音声を停止して話し始めるわけではありません。

それだと「リピーティング」という違うテクニックになってしまいます。

音声は流れ続けながら,すぐさま同じ音を再現して後についていくことが大切です。

なお,ゆっくり目の音声を使っていても,英文を見ずにシャドーイングを行うのが困難な場合は,印刷された英文を使うことも検討してください。

この状態で完璧にできるようになってから,今度は英文を見ないでやってみましょう。

なお,聞こえた音をスピーキングすることで,音に対する集中力が高まったり,英語の音をずっと耳で追い続けられるリスニング力というのが育ってきます。

スピーキングをしているのに実際は耳を鍛えているというのがポイントで,結果としてリスニングスコアの上昇に繋がるわけです。

リスニングスコアが400点に達したら,次章で紹介している学習法へと移りましょう。

 

英語スピーチの内容を論理的に説明しよう!

第2段階で採用する学習法は,論理的にスピーキングできるようになるためのものです。

TOEICのPart4では1人の話者が長めの英文を話しますが,そのスピーチには一貫した論理があります。

話す順番や論理展開を示す語句などに注意して,さらにそれを真似して自分でも行えるようにすることで,理路整然とした,聞き手にとっては大変わかりやすい話し方ができるようになり,ゆくゆく聞き手側に回ったときも,話の筋を取り違えたりしなくなるというわけです。

学習方法ですが,こちらもゆっくり目の音源を使用して構いません。

ただし,それを聴きながらメモを取るようにして,その後,そのメモを頼りにスピーチの内容を英語でスピーキングしてみてください。

あくまで「メモ」ですので,全文を書き取ることはありません。

大体はキーワードの羅列になるでしょう。

同時通訳者が行うように,略号や絵なども取り入れても構いませんので,自分が元の英文を再現しやすいと思うものを採用してください。

なお,これらの作業は「ノートテイキング」と「リプロダクション」という名前でそれぞれ呼ばれます。

先のテクニックの記事を参照するのであれば,目次を使って探してみてください。

ここまでできるようになれば,リスニングスコアは450点近くにまで上がっているはずです。

 

実践的なスピーキング力を身に付けよう

TOEICのリスニングスコアアップのためのスピーキング学習法ですが,最終段階では,自分が思ったことを即座に英語で話せる実践的なスピーキング力の獲得を目指します。

目標とするリスニングスコアは,もちろん満点狙いになるでしょう。

そうなると,聞く音声素材もいわゆるTOEICのスタジオ録音のものから離れて,海外ドラマや洋画で耳にするような「生の英語」にこだわるべきです。

具体的な勉強法として,例えば海外ドラマを使うのであれば,自分が気に入ったシーンを選び出し,誰か特定の1人の役を演じます。

どれだけの会話量が含まれているのかによりますが,多くの場合,1~2分の長さでOKでしょう。

セリフをしっかり暗記してから動画を再生します。

自分が担当する登場人物になりきって,メリハリを付けて感情的にスピーキングしてみてください。

なお,これは「ロールプレイ」というテクニックになります。

台本を暗記する際には,英語字幕が表示される動画サービスを利用するのが便利です↓↓

 

まとめ

以上,TOEIC(R)L&Rのリスニングスコアを伸ばすために,「スピーキング」を取り入れた学習法についていくつか紹介してきました。

対象とするスコアは,リスニングが400点に達してからです。

最初はシャドーイングから始めるようにして,第2段階ではメモを使ってスピーチを再現することになります。

そして最後に紹介したのは「生の英語」素材を使ったロールプレイによる学習法ですが,これでリスニングスコア満点を狙いましょう!

先述の通り,スピーキングとリスニングは表裏一体なところがあるので,話そうと思えば聞き手のことも考えるようになるわけで,これは実際にトレーニングしてみるとすぐに気づくはずです。

「リスニングテストなのだからスピーキングの練習をするなんて無駄だ」と言わず,上を目指すために必要なものだと考えて,積極的に取り入れてみてください

特に最後のロールプレイは,やっていてきっと面白いと思えるはずです!

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC勉強法
-

© 2020 スタディTOEIC®