スタディサプリENGLISHの無料ブログ(スタサプCafe)で色々学ぼう!

スタディサプリENGLISHには公式ブログの「スタサプCafe」があることを,みなさんはご存知でしたでしょうか。

有料会員にならずとも自由に閲覧することができる上,TOEIC試験に役立つ読み物が満載で,関先生のお悩み相談のように,何気なく眺めるだけでやる気が湧いてくるような記事もあります。

本記事では,そんな「スタサプCafe」にどのような内容の記事があるのかについてまとめてみました。

簡単にまとめていますので,もし興味をもった記事があれば,是非公式サイトで確認して下さいね!

スタディサプリCafeについて

スタサプCafeのトップページ

スタディサプリCafe(スタサプCafe)とは,スタディサプリが運営する無料ブログですが,すでに数百もの記事があります。

その主なタイトルとしては,

  • 解けたらスゴイ!?TOEIC問題
  • 解けなきゃマズイ!?TOEIC問題
  • ゴロで覚えるTOEIC頻出単語
  • 今日のワンフレーズ
  • 漫画で学ぶ 日本人が間違いやすい英会話
  • 関先生にお悩み相談

といったものが挙げられますが,そのほとんどはTOEIC学習者に役立つものです。

記事の内容的には,「文法・語彙・英会話・勉強法」の4つに分類することができるので,以降はこれに従って,1つ1つ解説していくことにしたいと思います。

ひとたび理解してしまえば,簡単にお目当ての記事にたどり着けるので,是非ご覧ください!

 

文法関連の記事

  • 解けないとヤバい!?TOEIC問題
  • 解けたらスゴイ!?TOEIC問題

スタサプCafeでは,上記2種類の文法関連の記事が読めます。

こう並べてみると,もう名前から内容の予想が付きますね!

最初の記事で扱うのは正答率が極めて高い(90%以上の)問題であり,全受験者が絶対に正解したいものです。

逆に下の記事においては正答率が50%以下のものを扱うので,1つ目よりは重要度は下がるものの,TOEICで高スコアを目指す方にとっては,周りとの差を広げるためにも,是非正解できるようになりたい問題が載っています。

実際には,TOEICのPart5と同じ形式の問題に挑戦することになりますが,スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースに実際に収録されている「実戦問題集(NEXT含む)」からの出題です。

より細かい記事の構成についてですが,「出題のテーマ・問題・解答解説」となっています↓↓

解けたらスゴイTOEIC問題

スタディサプリENGLISHの教材の特徴に,出題者の意図がしっかりと書かれているところがありました。

これを知ることで,「本番でどういった点に注目して解けばよいのか」,「自分には何が足りないのか」がわかります。

自分を客観的に分析できることで,より正しい勉強法が選べることに繋がるわけです。

ちなみに上に挙げた問題は「解けないとヤバい(難しい)問題」の例。

文構造に注意して答えを選びますが,やはり難しいですね。

なお,解説のところには和訳も含まれており,しっかりと復習ができます。

単語もこの問題からだけで5つ学べました。

「良い問題というのは1問から多くのことを学べる問題だ」ということを再確認できるはずです。

 

語彙関連の記事

  • ゴロで覚えるTOEIC頻出単語
  • 今日のワンフレーズ

次に語彙関連の記事を2つ紹介しますが,これらは問題を解くというよりも,読み物的な内容です。

まずは1つ目の記事から。

ゴロで覚えるTOEIC頻出単語

「あ,上や(=aware)」というセンスや天井にムカデがいるあたりに引っ掛かりを覚えるあたりで,もうすでに記憶に残っています(笑)。

ゴロを使って単語を覚えることは無意味な語の羅列だったものを有意味なものに変える効果があるので,より記憶に残りやすいとの話も聞きます。

例えば,kennel(犬小屋)は「犬(ケン)寝る」などと習った方もいるのではないでしょうか。

この記事では派生語や重要表現なども惜しみなく登場してくるあたり,TOEIC対策コースにある2大単語帳(TEPPAN英単語・基礎英単語)とは全く毛色が違いますね!

色々な関連知識をここで紐づけしていきましょう!

続いてみていくのは「今日のワンフレーズ」です↓↓

今日のワンフレーズ

ここではTOEICに頻出の単語やイディオムについて学びます。

例文を表したアニメーションが,記事上でやたらと動き回る関係で非常にキャッチーな印象。

音声も聴けるのが親切ですね。

どちらかというと体を動かしながら学ぶ,そんな作成の意図を感じました。

「ゴロで覚える~」よりもシンプルな文,気楽に学べるのが魅力です。

 

会話表現関連の記事

  • 【漫画で学ぶ】日本人が間違いやすい英会話

こちらはちょっとTOEICを離れて,英会話の際に役立つ知識を漫画で学ぶ記事となります。

漫画で学ぶ にほんじんが

まさにアメリカ的なタッチの漫画ですが,内容は中々にセンセーショナルです。

英語の「Freeze(止まれ)」が聞き取れず,不用意に近づいて撃ち殺されてしまった日本人の話もありましたが,英語の表現1つで大きく意味が変わってしまうこともあるわけで,正確な表現を覚えておくに越したことはありません

記事では,日本人が間違いやすいポイントと正しい表現例に加え,関連するフレーズをいくつも紹介してくれていました。

わずか1つの記事を通して,「盗難」や「紛失」に関連する13個ものフレーズが学べたことになります。

TOEIC対策というよりもあくまで読み物的な内容だと思っていましたが,次のお悩み相談を読むとそうでもなさそうです。

 

勉強法関連の記事

  • 関先生にお悩み相談

最後に紹介するのは,スタディサプリでおなじみの関正生先生が,学習者からの悩みに回答する記事です。

関先生にお悩み相談

TOEIC対策コースで黙々と学習していても,周りの学習者の様子は知る由もありません

上記の相談は,40代の会社員さまからの質問ですが,TOEICを受験予定の方にどのような悩みを抱えた人がいるのかこういった形で知ることができると,「自分も頑張ろう」という前向きな気持ちになれることに驚きました。

もちろん相談内容はTOEIC L&Rテストに関連するものがほとんどなので,勉強していく上でのヒントにもなります。

例えば上の回答例からは,

  • スピーキングがL&Rにも役立つ
  • 風呂場などで頭に浮かんだことを英語にして呟いてみる
  • コンビニの定員さんのセリフを英語に変換する
  • 英会話の最中に日本語を話してから英語にする

といった知見を得ることができました。

特に最後の2つはこれまでに思いもよらなかった方法で,さすが関先生です!

彼の講義動画が見られるパーフェクト講義は大変人気の高いコンテンツなので,是非楽しんでくださいね↓↓

 

まとめ

以上,スタディサプリENGLISHが運営する無料ブログ「スタサプCafe」の紹介でした。

内容は毎月のように更新され,無料で提供するのは勿体ないと思えるほどの高い価値があります。

もちろん広告も入りません。

記事は「文法・語彙・会話表現・勉強法」にかかわる内容に分けられ,文法関連の記事では,普段知ることのできない学習者の正答率が公開されているため,絶対落とせない問題や何としても解きたい問題に取り組むことができました。

次の語彙や英会話関連の記事では,イメージに残りやすい工夫がされ,関連知識を増やしていくことが可能です。

そして関先生の相談は神講師らしい回答で,大変貴重な知見が得られるとともに,自分以外の学習者の悩みを共有できることにもつながり,読み終わった後にはやる気の高まりに気が付くことでしょう。

英会話はTOEICとは直接関係がないと思っていましたが,TOEIC対策コースの無料特典に「日常英会話コース」が付いてくることや,先の関先生の解説内容も合わせて考えると,決して無駄ではなく,むしろ有意義だということもわかりました。

是非みなさまも勉強の合間に「スタサプCafe」を読んで,違う角度からのTOEIC対策をしてみてはいかがでしょうか。

公式サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC対策コース

© 2020 スタディTOEIC