IIBCについて学ぼう!TOEIC以外にも色々活動しています

IIBC」と言えば,日本でTOEICを運営している団体といったイメージが強いですが,他にも様々な事業や活動を行っています。

ここで一度,それらについてまとめてみることにしましょう!

IIBCとは

IIBCのロゴのデザイン

IIBCとはThe Institute for International Business Communicationの略で,一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会のことを指します。

上に示したのはそのロゴになりますが,「I」の文字は希望を抱いて空を仰ぎ見ている国際人の姿だということで,なるほど,2つ目のIの上の丸は太陽(希望)の光でしょうか。

オレンジは活力,濃紺は知性を表している点も奥深いです。

理念は「フローバルコミュニティにおける円滑なコミュニケーションの促進をミッションとし,人と企業の国際化に貢献します」ということで,非常にわかりやすいものだと言えるでしょう。

設立は1986年2月19日にまでさかのぼり,東京都千代田区の永田町にある山王グランドビルをメインに,大阪と名古屋にも事業所があります。

さて,IIBCの主な事業や活動ですが,全部で4つに分けることが可能です↓

  1. TOEIC Program
  2. 出版・ラーニング
  3. グローバル人材育成プログラム
  4. その他活動

このうち,最も有名なのは1でしょうが,2においても公式問題集などはよくみると,製作者であるETS以外に,出版社としてIIBCの名前を確認することができるでしょう。

なお,3については知っている人も少ないでしょうが,イベントを開催しては参加者同士の学びを促したり,世界で活躍する人のインタビュー記事などが読めたりします。

これから,1つずつ紹介していきましょう!

 

 

IIBCとTOEIC Program

TOEIC Programのページ

IIBCの活動でもっとも広く知られているのはTOEIC Programです。

いわゆるL&Rを筆頭に(2020年度は153万人受験),英語4技能で注目の集まるS&W(2020年度は2万8千人が受験),そしてより基礎的な内容で簡単に実力診断に利用されるBridgeといったテストが含まれます。

特にL&Rの詳しい歴史については,以下で記事にしましたが,IIBCの創立よりもその歴史は古いというのは驚きですよね↓

企業の研修風景
TOEICの歴史!いつ誰がどんな目的で作ったの

今回はTOEICの歴史についてまとめてみることにしました。 私がこれまでに知っていることとしては,L&Rテストの試験が数回変わったことや,TOEIC Bridgeなどの新しい試験が追加されたくらいのも ...

続きを見る

なお,TOEICを受験した方はアンケートが実施されていることにお気づきでしょうが,それぞれの英語歴や職業ごとの平均スコアであったり,企業や学校を対象にTOEIC Programの活用状況をデータにしてくれています。

興味がある方はTOEIC Programのページにある「公式データ・資料」からいつでもアクセス可能です↓

TOEICの公式データと資料のページ

受験生の平均スコアであったり,どのような勉強法を取り入れているのかなど,私も以下のような記事を書く際に利用させていただきました↓

優,良,平均の評価チェックボックス
日本人のTOEIC平均スコアと目標点のまとめ

TOEIC L&Rテスト(以下TOEIC)ですが,「新形式」と呼ばれるようになってから,だいぶ難しくなりました。 新形式が導入されたのは2016年の5月29日(第210回公開テスト)からですが,それ以 ...

続きを見る

2016年にはL&Rテストが新形式になりましたが,時代に合わせて,今後も開発元のETSと協働してくれることを期待します。

 

 

IIBCと出版・ラーニング

IIBCの書籍・出版物

IIBCは教材の開発や提供も行っています。

もっとも有名なのはL&Rの公式問題集でしょう↓

blank
TOEICの公式問題集をレビュー!各巻の評判も

今回は,購入可能な模試の中から「公式TOEIC Listening & Reading問題集」のレビューをしていきたいと思います。 TOEICの難易度や本番の流れについて知るには,やはり公開テ ...

続きを見る

2021年の10月19日(TOEICの日)に8巻が出ましたが,巻数を経るごとに難しくなっていく特徴があり,これは実際の試験についても言えることです。

その他,単語帳(公式ボキャブラリーブック)やS&WやBridgeの公式ガイド的なものも出版されていますが,個人的には難問を多く集めた800+が気に入っています↓

TOEIC Listening & Reading 800+の表紙
TOEIC L&R 800+のレビュー!公式本で難問の解き方を学ぼう

今回は,TOEICの公式チームが制作した,難問の攻略本である「TOEIC L&R 800+」をレビューしていきましょう! 私の中では,中上級者向けのいわゆるヲタク的な書籍は,一部の有名講師の手によって ...

続きを見る

概して,公式本というのはひどい内容のものも多い印象がありますが,IIBCの教材の多くは高い評価を受けているところも特徴です。

書籍以外にも,企業や学校向けにeラーニングを提供していたり,文法問題が毎週解けるメルマガ,スマートフォンのアプリも無料で使えるものが公式から出ていたりしますがご存じでしたでしょうか↓

問題を解くビジネスパーソン
TOEIC公式による穴埋めエクササイズを利用しよう

今回はTOEIC公式が提供するサービスから「穴埋めエクササイズ」を紹介します。 毎週1回の配信にはなりますが,問題を解いて解説をよむことで,TOEICに役立つ文法や語彙力の増強が可能です。 こちらは無 ...

続きを見る

English Upgraderのロゴ
TOEICの公式アプリ!English Upgraderのレビュー

TOEIC対策ができるスマホアプリの中でひときわ目につくのは,日本でTOEICテストを運営する団体が提供する,この「English Upgrader」というアプリではないでしょうか。 ストアで検索して ...

続きを見る

 

 

IIBCとグローバル人材育成プログラム

グローバル人材育成プログラムのトップページ

IIBCの活動の3つ目は,グローバル人材育成プログラムです。

今後はVUCA(volatile,uncertain,complex, and ambiguous)な時代に入っていきますが,その時代を生き抜く力を身に付けるために,IIBCはEVENTやARTICLEを提供しています。

まずは前者についてですが,以下のようなラインナップです↓

  • 地球人材創出会議:グローバル人材の育成について議論する
  • IIBC Café Globe:自分らしい生き方をしている人の紹介動画
  • グローバル・ビジネス・ウェビナー:学生がグローバルに触れる場
  • あなたの「明日」を変えるトークイベント:様々な分野で挑戦する人の話

最近は専らオンラインで開催されますが,リアルタイムで参加する他,後からアーカイブ動画を視聴できるものもあります

視聴回数的に見ればほとんど知られていないのでしょうが,海外での生活に興味がある方には,特におすすめできる内容です。

なお,文字で読みたいといった方のためにあるのがARTICLEで,3つの切り口で多種多様な生き方をする先人の声を聞くことができます↓

  • Leader's Voice:グローバルリーダーのロールモデルの人たちに学ぶ
  • Global Frontline:グローバルシーンの最前線で活躍する人の思考を知る
  • 必読シリーズ:人材のマネジメントや育成方法に関する読み物

インターネットを開くと,つまらない記事ばかりが表示されてきますが,こういった記事こそ,ニュースとして読みたいものです。

数はそこまで多くはないですが,それでも数十人分の人生を追体験できるということで,きっと有意義な時間が過ごせるでしょう。

 

 

IIBCのその他活動

IIBCのその他活動の例

IIBCはその他活動として,高校生を対象にしたエッセイコンテストやワークショップ,さらには期間限定のイベントだったりを行っています。

私の周りでは,IIBCが協賛・後援する「トビタテ!留学JAPAN」を利用して中国に短期留学した生徒がいましたが,大学のE.S.S.に所属している方は大会でお世話になるはずです。

今はコロナで活動範囲が狭まっていますが,気兼ねなく活動できるようになる日を心待ちにしておきましょう。

なお,読み物としては「IIBC NEWSLETTER」なるものが知られ,どちらかと言えばTOEICや英語学習に関連する内容となっています。

どれも,公式ページの「IIBCについて」からアクセスできるので,興味がある方は是非訪れてみてください↓

IIBCの活動や協賛・後援ページへのリンク

 

 

まとめ

IIBC公式サイトの様子

以上,IIBCの事業や活動内容を4つに分けて紹介してきましたが,TOEIC Programや書籍を出版する以外にも,幅広い事業や活動を展開していたことがわかっていただけたかと思います。

最後に,英語を学ぶ真の目的について考えてみたいのですが,ツールとしての英語を用いて国際的に通用する人になることがゴールではないでしょうか。

そのためには,ただ英語力を高めるだけでは不十分で,先のIIBC NEWSLETTERのvol.12でも語られていましたが,話す内容の方が重要だったりするわけです。

そういった気づきは,然るべきところにいればいずれ身をもって体験することになるのでしょうが,先人からのヒントとして後人に伝えられても良いものだと思います。

話者と同じ経験をすることはないですが,頭の片隅に留めておくことで,ふとしたきっかけで開眼する可能性はぐっと高まるでしょう。

是非,IIBCの公式サイトで,英語力のその先について学んでみてください↓

公式サイト

-TOEIC基礎知識

王道のTOEIC教材

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!