英文ビジネスEメール実例・表現1200のレビュー!

今回ですが,Z会のビジネス英語シリーズから「英文ビジネスEメール実例・表現1200」をレビューしてみようと思います。

Z会の通信教育の方に同名の講座がありますが,そこに寄せられた受講生の1,600件もの答案を分析した結果を,的確なアドバイスとして加えたのが本書です。

一体どのような使い方ができるのか,本書ならではの特徴的な内容について,1つ1つ丁寧に取り上げてみていくことにしましょう。

英文ビジネスEメール実例・表現1200とは

ビジネス英語を学ぶ上で身に付けるべき内容の1つに「Eメールの書き方」がありましたが,本書は初中級レベル(TOEIC470点・英検準2級程度)以上の方を対象に,英文メールの書き方や表現の幅を広げる目的で書かれた本です↓↓

説明によれば,仕事の流れや場面別に約100の実例を示し,数にして1,200を超える例文を収録しているとのことで,最初から最後まで1つ1つ暗記していくような学び方もできますが,使い方はその限りではありません。

自分が今書きたいメールの内容に即した文例を見ながら,必要なものを拝借しては,その作業を繰り返していく中で自然と使える表現が増えていくといった使い方も十分に考えられるでしょう。

また,具体例ばかりが載っているわけではなく,「Eメールの書き方」のような日本語でのしっかりした解説もあるので,自己流のみで書く場合に比べて間違いが確実に少なくなることが予想されます。

初版は2009年に出版されたようですが,そのときはまだZ会の通信教育で培った指導ノウハウは追加されておらず,今回レビューするのが2015年の改訂版となりますので,教材の質がぐっと向上しているのは明らかです。

参考までに通信教育では,本書をテキストとし実際にメールを作成し提出しては添削を受けることになりますが,その場合の料金は添削10回の3ヶ月コースで27,410円します。

それと比べれば,2,000円ちょっとで買える本書は最初に学ぶのに向いていますし,本書で学んでから通信教育で実践するといった拡張性にも優れるでしょう。

目次は以下のようなものとなり,12章ある大見出しの中から自分の知りたい例文を見つけていくのが基本的な使い方になると思います↓↓

英文ビジネスEメール実例・表現1200のもくじ

大見出しをすべて書き出してみたので参考にしてください↓↓

問い合わせ→見積もり,注文→受領,支払い,契約,依頼・申請,会議・イベント,アポイントメント,出張,クレーム,案内・通知,社交のあいさつ,その他

ところで,本編に入る前の「英文ビジネスEメールの書き方」についてよく確認してみると,ページ数にして16ページもあり,導入部分ながらかなりの役立つ情報を含んでいます。

さらに上の画像では写っていませんが,本書の最後には「目的別表現索引」や「キーワード索引」もありますし,なんなら収録されている例文を閲覧したり検索できる特設サイトまでインターネット上に存在するので,思った以上に使い勝手はよさそうです。

それでは次章から,本書の魅力をいくつかレビューしていくことにします。

 

ビジネスにおけるEメールの書き方が学べる

Eメールを書く際のルールと具体例

本書では,ビジネスEメールの形式面での約束事について学ぶことができます。

件名の付け方から始まり,好印象を持たれるメールの書き方が構成要素(宛先,件名,添付ファイル,頭語,本文,結語,署名)ごとにまとめられていますが,日本人としかやり取りをしてこなかった私からすると全く知らなかった海外的なビジネスルールもあり,英語以外の面でも参考になりました

解説は具体例が豊富でわかりやすいですし,特に「本文」の項目では,1行あたりの文字数や改行の入れ方,さらには「書き出し・主文・結び」といった3部構成や文化の違いについての解説は,多くの方に役立つ内容だと思います↓↓

英文ビジネスEメールの書き方

ここに載っているルールに基づいて,この後の本編の解説がなされることになるので,十分に理解してから先に進みましょう!

 

場面ごとに正しい英文の書き方を学べる

英文ビジネスEメール実例表現1200の本編

続いて本編の内容に移りますが,場面ごとに正しいEメールの書き方を学べるところが本書の魅力です。

例えば上では,他社のウェブサイトで気になる商品を見つけた場合にその資料を請求するときの英文例になりますが,「自分の状況を伝える」ことと「丁寧にお願いする」という2つのポイントが,ヒントとなる文章や表現と共に確認できます。

私は本書以外でビジネス英語を学んだ経験がありますが,こうして比べてみると,ビジネス英語で学ぶべき表現は確かに存在するものの,その数は限られているようです。

別の講座で本書と同じ指摘をされたこともありますし,丁寧な表現については特に数が少ないように感じます。

それならパッと学んで身に付けてしまうに越したことはありませんね。

もっとも,間違い例として添削されている内容は細かく,自分もうっかりやってしまいそうな誤答ばかりで,本書のようなものを1冊やるとやらないとでは書き上げるEメールの出来も大きく変わってくることでしょう。

そもそも独学では気づけないような内容もたくさんありますので。

前章で学んだ書き方のルールに則って,例文が複数載っています↓↓

英語Eメールの例文

英作文は英借文とも言われますので,まずは表現を真似することから始め,段々と自分の形を身に付けていきましょう!

右下には語彙のコーナーがありますが,1つのシーンで約5個の表現を学ぶと仮定すれば,本書だけで500語以上学べることになります。

deal in(を扱う)やabove-mentioned(上記の)といった頭に浮かびにくい表現が,英文とリンクして出てくるので覚えやすいです。

 

辞書的に使える

目的別表現索引

本書では使いたい表現の探しやすさについても考えられています。

上の「目的別表現索引」では,「意見を述べる」であったり「依頼する」といった目的ごとに数十もの例文が並び,そのまま借りて使うことが可能です。

他にも「キーワード索引(いわゆる日本語から英単語を探すもの)」も利用できますが,これについては特設サイトの方を利用する方が便利かもしれません。

特設サイトのURLは書籍内にあり,以下は「応募」という単語で検索したものですが,apply forやsend inといった動詞の他,applicationのような名詞形が見つかりました↓↓

特設サイトと例文

このような具合で,ページごとに収録されている全例文から「Ctrl+F」のコマンドを使って該当の単語なり表現を検索できるので,パソコンの画面端に開きながら,必要に応じてコピーペーストする使い方が可能となります。

 

まとめ

英文ビジネスEメール実例・表現1200の表紙

以上,Z会編集部による「英文ビジネスEメール実例・表現1200」のレビューでした。

索引も含めると全部で316ページもある本書ですが,机の傍らに置いて事あるごとに参照するようにしていると,立派な内容のEメールが書けるようになります。

本書に載っていない表現を作り出そうと思えば,果たしてその英語が正しい表現かどうかの判断をする必要が出てきてしまいますが,本書の導入部で学んだ基本方針と,本編でよく使われる語句を中心に書く分には大きな間違いには繋がりにくいでしょう。

さらに言えば,Z会のビジネス英語シリーズは本書のみで終わりではありません

これからレビューしていく同シリーズの参考書の中には,類語や類似表現が数多くまとめられていたり,より複雑な文章を書けるようになるための文法講座の本なども含まれます。

また,最初に述べたように,場合によっては同名の通信教育も利用できるわけですから,次のステップとして,本書で学んだ方針を元に,より応用的な知識を身に付けることを心がければよいだけの話です。

本書は入門書的な位置づけであるだけにその分,役立つ場面も多いと思われるので,仕事でEメールを書く必要のあるすべての方におすすめしたいと思います↓↓

最後までお読みいただいた方,誠にありがとうございました。

TOEIC教材のおすすめ

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育はいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から予想問題に至るまであらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示も明確かつ的確です。

アルクの有名著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-TOEIC参考書
-

© 2020 スタディTOEIC®