スタディサプリのパーソナルコーチプランの担当コーチと学習プランについて

前回はパーソナルコーチプランの申し込みと支払いについてまとめましたが,今回の記事では,「担当コーチの割り当て」と,さらには「学習プラン」と呼ばれるオーダーメイドの課題についてまとめてみたいと思います。

私と一緒に確認してみる方は,早速スタディサプリ「TOEIC(R)L&R TEST対策コース」のアプリ画面を開いてみてくださいね。

ちなみにスマホでもPCからでも利用できますが,今回はスマホ画面を使って説明していきます。

担当コーチを確認しよう!

申し込みが完了してから,スタディサプリのTOP画面の右下にあるチャット部分をみると,早速6通ものメッセージが届いていることが確認できました。

「ここを開くとついにコーチがわかってしまうのか・・・」

ドキドキしながら開きます。

パッ!

コーチの名前

どうやら,私の担当のお名前は「山岸コーチ」であることが判明しました。

これから3ヶ月間お世話になります!

※基本,担当コーチは最後まで併走してくれますが,もし仮に長期休暇や急遽休みになってしまうような場合は,代理のコーチが駆けつけてくれるとのことです。

次にチャットを開いてみましょう!

コーチと自己紹介

早速立派な自己紹介文が送られてきましたが,私の担当は留学経験がないにもかかわらず,独力でご自身の英語力を高めた努力家の方ということがわかりました。

山岸コーチの特に素晴らしいところは,社会人になってからも勉強を続けられただけでなく,英語力の伸び悩みも体験された分,できない人の気持ちもよく理解できるところです。

「何とも心強いコーチが付いてくださった」と安心したのを覚えています。

虎の威を借る狐になった気分になったとでも言いましょうか。

ちなみに,すでにこの時点で,基本一人で頑張るだけのベーシックプランとは一線を画していることがわかりますよね。

そして2通目のチャットには,

コーチ
今日からでも学習プランに沿って学習を始めていきましょう!

と書かれており,「今日からでも」の部分が気になっていて「まずい,やらなきゃ!」と焦っている自分がすでにいたので,パーソナルコーチプランの効果が早速出てきているように感じます。

※ここで紹介した「チャット機能」は,結果的に最も印象に残ったサービスとなりました。やや先の体験談にはなってしまいますが,興味のある方は以下で確認してみてください↓↓

次章では,学習プランについて詳しく確認していくことにしましょう!

 

学習プランの内容

前回の申し込み時において,初回のカウンセリングシート的なものに記入しましたが,TOEICのスコア+受講期間に応じて,いくつか学習プランのひな型はありそうです。

私の元に送られてきたのは以下のようなプランでした↓↓

パーソナルコーチプランの学習プランについて

「3ヶ月プログラムTOEICスコア730点~」というタイトルの下には「心得」的なものが書かれており,ここにはTOEIC学習に大変役立つことが書かれているのでいくつか抜粋させていただきます。

毎日の勉強は記憶の定着だけでなく,モチベーションの維持にも大切!

なるほど,記憶の定着を助けるということは,それだけで一度学んだことを忘れにくくなるわけで,効率良い学習につながるわけですね。

盲点だったのは,やる気を高いレベルで持続させるためにも「毎日少しでもやろう」と思うことが大切だということ。

気の持ちようが,語学学習には大きな影響を及ぼすのですね。

そういった意味では,月曜まで学習の開始を待っても問題なさそうですが,やっぱり今日から始めないといけません。

私のようなズルい考えを抱かせないように「毎日の学習報告」まで義務付けられていました。

これはつまり,例え勉強できなくても,「今日は0分でした。」とコーチに報告することを意味します。

学習の習慣化に効果があるとのことですが,こんな報告はなるべくしたくないですよね。

だからこそ,毎日頑張らないといけません。

パーソナルコーチプランでは,前半で基礎力,後半で本番を意識した演習を行う

毎日2時間の学習時間が確保できる人は3ヶ月プログラムを,毎日1時間の学習しか取れない人は6ヶ月プログラムを基本勧められるのは,指示されたトレーニングメニューをしっかりこなす必要があるからです。

先の学習プランを詳しくみてみると,TEPPAN英単語で30分,英文法の勉強を15分,さらにはパーフェクト講義のPart1と5に75分かけることが日課となっています。

これらを合わせて2時間ですが,最もきついのはVol.4の模試でしょう。

上の日課自体はスキマ時間を合わせればなんとか時間を捻出できますが,模試となれば2時間ぶっ通しでやる必要があるからです。

とはいえ,現状でどの程度の得点力があるのかコーチが把握するのが目的だと思いますので,パートごとに区切ってやってもよいかなと思いました。

しかしそれをコーチに確認すると,

コーチ
本番は2時間あるので,それに対応できる体力をつけるためにも全部通しでお願いします

と言われてしまったので頑張ってやりました。

こういった意識改革から始まるパーソナルコーチプランですが,後半に向かうにつれ,より実践的な内容に移っていくこととなります↓↓

 

まとめ

学習プランを眺めていて,ふと思ったことがあります。

「1ヶ月目は辛そうだけど,3ヶ月目ともなればもうやることは単語と本番に照準を絞った演習のみ。なんか,これ,やり通せるんじゃないかな。」

と。

実際やってみるとまた違った問題が出てきて辛いのかもしれませんが,まずは上のように感じられたことが自分にとって大きなことだと思っています。

何より,あれだけ進歩状況が滞っていたスタディサプリのTOEICコースのアプリを,3ヶ月という短期間で余すところなくやり遂げられるのならば「これまでの無為な日々の連続は一体なんだったんだ」と思えてしまうでしょう。

もちろん,今回紹介した内容だけがパーソナルコーチプランの魅力ではないはずです(まだ無料期間内の出来事ですし,「学習プランをもらったら,あとはベーシックプランで十分」となってしまうはずですからね)。

例えば,コーチのチャットにあった「ピースボート」なるものについても,自分はこれまでその存在すら知らなかったわけで。

「英語好きの人はこういったものにも興味を持つのか」と自分の世界が広がったわけです。

「船旅は本当に良い。一度は行っておくべきだよ」と,漫画家の親友がいつも語ってくるので最近気になっています。

話を戻すと,先述した「コーチへの日々の報告」も,コーチがいてこその機能,つまりパーソナルコーチプラン独自のものでした。

こういった独自機能に加え,いずれ行われるコーチとの電話による面談などを通して,私にどのような成長や発見があるのか,これからも逐一報告していきたいと思います。

悩まれている方がいたら,是非一緒に挑戦してみませんか↓↓

無料体験はこちら

ちなみに,パーソナルコーチプランのスケジュールやキャンペーンコードについては以下の記事にてまとめています↓↓

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-パーソナルコーチプラン

© 2020 スタディTOEIC