『1日1分!TOEIC L&Rテスト炎の千本ノック』レビュー!詳しくやりやすい!

今回はpart5の文法問題を中心とした対策をテンポよく短期間で学習できる参考書,

1日1分!TOEIC L&Rテスト炎の千本ノック!

をレビューさせていただきます。

文法対策をすることでpart6やpart7のスコアにも良い影響があるという意見も多いので,副作用にも期待してやっていきましょう!

本書の基本データ

書名:1日1分!TOEIC L&Rテスト炎の千本ノック!

著者:中村澄子

初版:2018年11月

ページ数:360ページ

サイズ:小B6(新書に近く,17.5×12cm)

値段:1000円(税抜)

その他:音声ダウンロード可

 

目次ですが,以下のように,使い方に対する説明や読み物的なコラムがちょろっとある他は,すべて問題とその解答解説に紙面のほとんどが割かれています。

問題数はPart5の演習問題が141問,Part6のものが16問の計157問です。

11年目の完全リニューアル版ということで新形式に対応しており,本のサイズもやや大きくなり解説が増えたのが嬉しいですね。

TOEICで高スコアを取得するためには,以下の2つを目標に勉強するべきだと本書は語ります。

  1. 真の英語力を身に付ける
  2. TOEIC特有の問題の解き方に精通する

以下の章で,これら2つがどのように達成されるのか,本書のおすすめポイントをレビューしながら理解していくことにしましょう!

 

 

本書のおすすめポイント

炎の千本ノックを使ってみて感じたのは以下の2つの特長です。

学習しやすい

問題が1ページ目にあり,めくればその解説解答という2ページ単位での構成なので,長時間集中して取り組む必要がありません。

スキマ時間を見つけては,1問1問ちょこちょこ進めていける学習のしやすさというのが,まず1つ目のおすすめポイントです。

それでは実際にどのような流れで学習を進めていくことになるのか解説しましょう。

以下の右ページに示されているのが第1問目になります(難易度は3/5の標準レベル)↓↓

シンプルなレイアウトですが,ページ下に単語の意味が書いてあるのが留意すべきポイントでしょうか。

このヒントがあることで,

  1. まず最初は何も見ずに答えを決める
  2. 下の単語ヒントでその答えを吟味しなおす
  3. 最後にページ裏の解答解説を読む

という段階を踏むことが可能になります。

 

解説が詳しい

2つ目に挙げられるおすすめポイントは,解説の詳しさです。

先述したように,本書は文庫サイズからの紙面拡大により解説量が増えています。

裏面にはこのような解説が載っており,

ここでは形容詞についての解説と名詞のchallengeも派生語として紹介されていました。

最下段にある『英語の筋トレ』欄には,本問を解くにあたって肝となる部分の解説だけが載っているので,ここだけは確実に押さえたいところ(欲を言えば,めくる手間を省くため,完全な文を解説ページにも載せてほしかったです)。

ちなみに,答えがグレーになっていてやや見にくいのは,透けて見えないようにするための工夫でしょうか。

 

また,Part6の解説は,2ページにわたって単語の意味と全訳がされた後に,解説も1問1問しっかりと書かれていました↓↓

 

本書を利用するにあたって1つ注意点があるとしたら,『品詞』と聞いて,名詞・動詞・形容詞・副詞などがある程度浮かんでくる学力が必要だということです。

『最上級』などの文法用語が抜けている方にとって,本書は早すぎます。

その場合は中学英語から復習しましょう!

 

ちなみに1問あたり(問題を解いて解説を読むまでに)2,3分かかりましたが,これはつまり,6時間もあれば本書を一周できる計算になり,毎日1時間程度の学習時間が確保できれば1週間で一通り学べることを意味します。

 

 

本書を使った感想

私自身,もともと文法は得意な方で,最後に受けた公開テストでは満点を取ることができました。

にもかかわらず,この炎の千本ノックでは間違えてしまうものも複数見受けられ,勉強になるところが多かったです。

ちなみに答えを選ぶ際に,他の選択肢のどこが間違っているのかがわかると消去法で答えることができますが,本書の解説は不正解の理由も書いてあったりするので役立ちました。

もちろんすべての不正解の根拠を説明できなくても,これまでどれも正解に見えていたもののうち,1つでも間違いだとわかれば当たる確率は1/4から1/3へとアップするわけですから。

TOEICの公開テストでは,本書と全く同じ問題は出題されなくても類題はたくさん出題されるので,解説が応用の利くものであればあるほど役に立つので,私は参考書選びの基準として本書のように解説が詳しいものを選ぶようにしています。

無料のアプリなどでは顕著なのですが,やはり解説というものにはお金を生み出す価値があるようで,そのためか無料で解説を提供してくれる教材は少ないのが現状です(一見無料のように見えても,広告収入や個人情報収集などの目的を兼ねていますし)。

もちろん本書も,著者である中村澄子さんの塾や著書紹介もされていますが,勉強の妨げになるものではなかったので好印象でした。

 

 

まとめ

以上,中村澄子氏による『1日1分!TOEIC L&Rテスト 炎の千本ノック!』のレビューでした。

本書はチェックリストを利用すれば3回は少なくともやり直しができますし,巻末の索引を利用すれば単語チェックまでできてしまいます↓↓

単純にpart5を素早く切り抜けられるだけでも時間的余裕が生まれ,Part6や7により時間をかけられるようになるので,思わぬ形でスコアアップも期待できるのではないでしょうか。

 

本書は,学習のしやすさと解説の詳しさで,1週間もあれば一通りでき,音読や単語チェックなども本書を使って行えば1カ月は十分に学べる,価値ある1冊に仕上がっていました。

中学レベルの文法知識を備えた方が,TOEICでの得点力を上げるために用いるのに適しており,主にPart5対策にはなりますが,リーディングセクション全体のスコアアップにも好影響をもたらしうるというのが本書で学ぶメリットです。

是非購入してみてはいかがでしょう!

 

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -参考書

    © 2020 スタディTOEIC