TOEIC留学ならフィリピンのセブ島がおすすめ!

TOEIC(R)テストを含む多くの語学試験対策として「留学」というのは,この上ない選択肢の1つです。

費用の面さえとにかくクリアしてしまえば,勉強に専念できる環境が揃っていて,かつ楽しい思い出が作れるのが「留学」というもの。

刺激があるので,やる気面での心配はもちろんありません。

今回の記事ですが,そんなTOEIC(R)学習に特におすすめな

フィリピンのセブ島留学

についてのメリットや注意点,そして定評のある語学学校を紹介していきたいと思います。

フィリピンのセブ島について

セブ島の様子

まず初めに,フィリピンのセブ島についてわかっている情報をまとめてみましょう!

私の中で「留学」と言えば,アメリカやオーストラリア,またはヨーロッパがポピュラーなイメージでしたが,これからはアジア圏の人々とのコミュニケーションが増えてくる予測もあって,フィリピンに留学する人も増えているようです。

もちろん留学と言っても,語学留学に限った場合がほとんどですが,私の周りにいる高校生からも,「夏休みにフィリピンに短期留学してきました」と報告を受けることも多くなりました。

もちろん英語の勉強なのですが,フィリピンはアメリカの植民地だったこともあってアメリカ英語がかなり普及しており,オンライン英会話などの講師にフィリピン出身の方が多いところにも,彼らの高い英語力をうかがい知ることができます。

特にセブ島は常夏でさまざまなアクティビティーに向いており,治安が比較的良いとされる場所です。

セブ島の位置

もちろん海外ですので夜間の移動は避けたいですが,特に中心地(ITパーク)に近づくほどに安心感は増します。

こういった留学する上での前提条件のようなものを満たした上であれば,

費用が比較的安い・学習環境の良さ・貴重な経験ができる

という3点が特に魅力的です。

 

セブ島留学にかかる費用は安め

フィリピンの物価は日本の1/6~1/3程度と言われますので,留学プログラムにかかる費用も欧米のものより安く済む傾向があります。

欧米の物価は大体日本と同じか,もう少し高いでしょう(私がロンドンにいたときは1ポンドが200円近く,サンドイッチ一つ買うと400円,バスも1回で500円くらいかかっていましたが,今は132円ほどです)。

また,冷房の方が暖房よりも電気代は安いので,寒い国より暑い国に行く方が大体お得で,日本だと北海道と沖縄が好例でしょう。

もっとも安いコースは魅力ですが,ちょっと高めに設定されているコースをあえて選ぶことで,例えば個室でグレードの高いホテルに滞在できたり,TOEICスコアの点数保証(最大200点まで)が受けられる場合もあり,受講者側の選択肢は広いです。

 

留学先の学習環境は良好

セブ島留学での学習環境は魅力的です。

どの語学学校も,TOEIC学習が長時間に及ぶようなプログラムを組んでいるので,一日10時間以上学習することも不可能ではありません。

1ヶ月間の留学であっても,現地での学習に加えて,帰国前から事前準備期間があったりと,ひたすら英語漬けの毎日を過ごせば計300時間は勉強時間を確保できてしまいますので,単純計算でも150点のスコアアップが期待できます。

ちなみにTOEICの勉強時間とスコアアップの関係は「学習時間÷2」が目安となっており,詳しくは以下の記事をご覧ください↓↓

もちろん自宅ではないわけですし,「留学に来ている」という意識もあるので,ほどよく頑張れるのが良いのかもしれません。

期間が1年とか長くなると,違う問題も勃発してきますので。

 

セブ島での楽しい体験は一生もの

もちろん留学ですから,ただの勉強合宿とはなりません。

文化と触れて楽しい思い出を作れることの魅力は,その人の人生観を大きく変えてしまうほどの可能性をも秘めています。

夢を探している人がやりたいことを見つけられたり,現地での出会いがその後一生語られるものになることもしばしばです。

若ければ若いほど刺激に影響されるので,学生時代に留学する大切さについては言うまでもありません。

単純に学習面で考えても,普段学んでインプットした英語力を,街に出てコミュニケーションすることでアウトプットの練習ができますので,やはり最高の学習体験ができると言えるでしょう。

こればかりは日本にいてはできないことですからね。

もっともホームシックにかかったり,虫の多さにびっくりする方も中にはいらっしゃるでしょうが,それも良い人生勉強でしょう。

 

セブ島留学での失敗談

もちろん良い話ばかりではありません。

私の周りにも短期留学の経験がある友達が何人かいますが,中には苦い経験をした人もいます。

格安で行ける留学プログラムに巡り合えて喜んでいたにもかかわらず,実際行ってみると,滞在先の家族(彼はホームステイ形式でした)と相性が合わなかったり,語学面におけるサポートやフォローがない適当さに参ってしまう場合もあるようです。

特に得体の知れない語学学校を安易に選んでしまうと,それこそ「安かろう悪かろう」という結果になってしまい,散々な思いをしてしまうように思います。

そうならないように,日本人の英語学習に特化した,日本人経営で実績のある語学学校を選ぶのが第一です。

ちゃんとした学校であれば,フィリピンの教育機関からTESDA(Technical Education and Skills Developmemt Authority)認定を受けていますので,以下のマークを1つ参考にしてください↓↓

TESDA認定

なお,現地での生活については,実際に留学した方の体験談を聞くのが一番ですので,説明会に出向いて留学先の様子や料金システムについて確認するようにしてください。

後述するように,簡単な見積もりや資料は各学校のサイトから入手できますので,まずはそちらで事前知識を付けておき,説明会で尋ねる詳しい内容や不明点を明らかにしておくのがおすすめです。

 

おすすめ留学プログラムの紹介

ここではフィリピンのセブ島に留学する場合のおすすめプログラムをいくつか紹介しています。

今後も逐一追加していきますので,みなさんのおすすめがあれば是非教えてください!

First Class

blank blank「First Class」はその名の通り,豪華なホテルでリッチな留学体験ができる語学学校です。

無料説明会が東京・横浜のみで開催されるので,近郊の方にしかおすすめできませんが,2018年1月に開校した後発校らしくインスタグラムを中心とした宣伝をしており,出会う写真はとても魅力的なものばかりで,映える写真をすぐに撮りに行きたくなることでしょう。

なお,授業は9時から16時50分までとなっていて休みはトータルで2時間ですので6時間の授業(自習時間除く)が約束され,1ヶ月の滞在ですと27万5000円からです。

公式サイト

NILS(ニルス)

blank blank「NILS(ニルス)」は1週間からの超短期留学が可能な語学学校で,TOEICに特化したコースも複数あります。

日本人経営かつTESDA認定も受けており,中でもTOEICスパルタプランは最大200点のスコアアップ保証付き。

3ヶ月毎日11.5時間の勉強時間が確保され,レッスンはマンツーマン,しかも立地は治安の良いITパーク内とあらゆる条件が揃っています。

絶対に結果を出したい方は是非検討してみてください!

公式サイト

 blank

まとめ

以上,最高のTOEIC学習の1つである「フィリピンのセブ島留学」についてまとめてきましたがいかがだたでしょうか。

英語漬けになる環境に身を置くことで,スコアアップに必要な学習時間が確保できるだけでなく,人生観を変え得る体験も一緒にすることができる留学は,いくつかの注意点にさえ気をつければ大いにおすすめできるものです。

上に挙げたような語学学校を中心に,是非留学を通して,貴重な体験をしてみてはいかがでしょうか。

TOEIC教材のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

Part別の攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れますので,7日間の無料期間を使って是非試してみてください!

パーソナルコーチプラン

上記プランよりプレミアムなサービスを受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能だと思われる「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,実際私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでの教材が揃います。

今の実力から100点アップを目標に,細かくレベルが設定されていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が的確です。

アルクの有名著者が監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非どうぞ!

-勉強法
-,

© 2020 スタディTOEIC