『TOEICテストスピーキング/ライティング総合対策』のレビュー!

今回は,TOEICのS&W対策の最初の1冊におすすめな,

スピーキング/ライティング総合対策

についてレビューの方していきましょう。

基本情報

TOEICテストスピーキング/ライティング総合対策 のレビュー

名称:TOEICテスト スピーキング/ライティング総合対策

著者:浅場眞紀子/トニー・クック

出版:旺文社

値段:2100円+税

初版:2016年5月

ページ:235ページ

音声:ダウンロード可能

TOEIC L&Rに比べてS&Wは受験者が少なく,対策本の数もあまり多くありません。

ですが,これまでに出ている参考書は良書が多く,逆に考えれば新しいものが入りこむ余地がないとも言えます。

そんな数少ない良書の1つである本書は,タイトルにもなっていますが,1冊でS&Wの総合的な対策が可能になるものです。

やり終えると,試験の概要であったり今後の対策をどうすべきかという展望も開けてくるので,最初の1冊におすすめだと思います。

著者のどちらもTOEICテストで満点を取っているのはもちろん,普段は企業での研修や専門学校講師を勤め,公開テストを定期的に受験して問題を分析しているとのこと。

大変信頼できますね!

 

音声ですが,MP3形式で収録されており,

総合対策の音声ダウンロードの様子

著者自身の声による講義も聞くことができますよ(詳細は後述)。

 

 

もくじと使い方

もくじ

続けて目次を見てみましょう。

ここで1つ注目したいのは,本編に入る前に,テストの説明や本の使い方・学習法といった項目があるところです。

本によってはいきなり本編が始まるものもあるのですが,前置き部分が多いと丁寧な印象を受けますし,私は好きですね!

そして肝心のメイン部分は,

  1. S&Wの攻略法
  2. 模擬テスト
  3. 発信力強化トレーニング

の3つに分かれます。

『攻略法』という名の対策ですが,スピーキングテストとライティングテスト別にそれぞれ紙面が割かれ,出題別に1から解き方を学べます

どっちかというと,ここまでは1題1題時間を区切って手取り足取り学習していくスタイルですが,そこで学んだことを試せるのが,続く『模擬テスト』1回分。

ここまでやればテスト形式についてかなりの程度理解でき,その出来から本番でどのくらいの点数が取れるのかも予想できてしまいます。

ですが,これで終わらないのが本書の魅力。

最後には『発信力強化トレーニング』というものが控えており,5日間かけてさらなるスコアアップを可能にする練習メニューがあるのが嬉しいですね!

 

 

序章のレビュー

序章の前置き部分ですが全11ページからなり,S&Wテストの詳細から始まります。

解答時間や問題内容など,コンピュータを使って解答することもあり,予めわかっていることが多いのがTOEIC S&Wの特徴です。

続けてセルフチェックが始まります!

セルフチェックのレビュー

今の自分の学力について把握しておくことで,この後の学習の効果も変わってくると思います。

私も最初にやったときは全然解けなかったので,本番に向けてやる気が高まりました

なお,前置き部分の最後には,本書を使った学習法が2パターン提示され,

  • 試験まで1週間しかない場合の勉強法
  • 1か月前から準備する練習メニュー

についての具体的指示があるのは,大変ありがたく感じることと思います↓↓

本書を使ったTOEIC S&R学習法

 

 

本編のレビュー

S&Wの設問別攻略法:165ページ

設問別攻略法のもくじ

ここでは設問別にS&Wの攻略法について学んでいきますが,スピーキングテストが110ページ,ライティングは55ページあります。

本章ではスピーキングテストの写真描写問題の攻略法を例に取り上げ,解説していきます。

まずはこのように例題が示され,どのように現場で役立ち,スコアアップにつながる大まかなヒントを学びましょう!

写真描写問題の解き方

意外にカラー印刷なんですよ(笑)

解説部分では,訳や解答例に加え,どのように攻略すればよいのか,具体的に学習します↓↓

解説部分のレビュー

ここで,情報・動作・様子の3つの観点から問題にあたるのがよいことがわかりますが,このそれぞれを次ページのトレーニング1~3を通して身に付けましょう↓↓

Speakingテストのトレーニング内容

「奥」とか「中央」といった言い方すら満足に言えなかった私は,必死にここの表現を覚えて,本番でも使った記憶があります(笑)

最後に練習問題で仕上げましょう!

練習問題のレビュー

 

模擬テスト:1回分

S&W模擬テストのもくじ

注意書きにもありますが,スピーキングは声に出して解答し,録音する必要があることはお忘れなく。

自分の声を聴くのは恥ずかしいですけどね。

問題は途中で止まることなく,約80分間ぶっ続けでやりましょう。

S&W模擬試験のレビュー

解答例は音声付きで以下のような解説もありますが,ダウンロードした音声の中には著者の浅場眞紀子さんの講義(15分弱)も含まれています。

模擬試験の解説部分

 

発信力強化トレーニング

発信力強化トレーニングのもくじ

試験まで残り日数がある場合は,このトレーニングメニューをぜひとも全部こなしていきましょう。

各日ごとにトレーニング内容は大きく異なっており,どれもかなりの充実っぷりです↓↓

トレーニング内容

「ただタイピングするだけ?!」と侮ることなかれ。

指示通りに意味を考えながらやっていくと,勉強になるんですよ,これが。

 

 

まとめ

まとめ

以上,『TOEICテスト スピーキング/ライティング総合対策』のレビューでした。

序章から本編まで1つ1つ,中身を解説してきたわけですが,この本1冊でかなりの充実した対策ができることがわかっていただけたのではないでしょうか。

本書でかなりの知識を入れた上で,特に弱点だと思える範囲をピンポイントで対策していけばいいことになります。

そのためのヒントは本書の前置きに書いてありましたし,苦手分野の対策ができる参考書をここで初めて買い求めてみてもいいですね。

役立つ表現は是非とも取り入れて,本番でも使ってみてください!

【Amazon】TOEICテストスピーキング/ライティング総合対策

【楽天】TOEICテストスピーキング/ライティング総合対策

S&Wで良い点が取れることを祈ってます。

 

TOEIC対策のおすすめ2019

ベーシックプラン

オールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,短期間で効率良く学習したい方は,まずスタディサプリを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもあり。

パーソナルコーチプラン

TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人はトレーナーを付けるのがおすすめ。学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない緊張感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

-TOEIC参考書のレビュー
-

Copyright© スタディTOEIC , 2019 All Rights Reserved.