『無料500問!どこでもTOEIC』の評判と効果をレビュー!

今回はPARISIENNEという会社が開発したTOEIC対策アプリの1つである,

『どこでもTOEIC(トーイック)』

の評判と効果についてレビュー記事の方,書いていきたいと思います。

 

 

どこでもTOEICとは

名称:無料500問!どこでもTOEIC(トーイック)

提供:PARISIENNE

料金:無料

内容:TOEICのPart5の問題500問を解くことができる無料TOEIC対策アプリ。文法問題に特化しているが,その問題をたたき台にして,TOEICの頻出単語や熟語表現,さらにはリスニング力も鍛えることができる。

Part5の文法問題のみの出題なので,TOEIC全体の対策はできません。とはいえ,文法に苦手意識がある方も多いでしょうから,

「読解やリスニングはできるけど,文法問題だけちょっと不安だな。」

という人は,とにかく問題を解いて感覚を戻しましょう。

 

 

評判

良い口コミ

解答をチェックしてくれるので時間短縮になる

解説がわかりやすい

間違った問題だけ管理できる

スキマ時間にパッとできるのが良いという高評価が多かったですね。このアプリは無料で使えますし,使い勝手は特に評判です。

 

悪い口コミ

解説が不満(単語の意味のみ・誤字脱字あり)

出題がランダムのため同じ問題が何度も出る

途中から再開できない

正解以外の選択肢の訳がないものがあるとか,問題形式が単語の穴埋めが多いため,文法の解説というより,単語の意味しか解説されないところに対して不満を持たれている方が多い印象です。

 

 

管理人の体験談

操作画面の説明

トップ画面ですが,パッと見理解できず,やや困惑しましたが,すぐに慣れますのでご安心ください。

トップ画面の上の列から見ていきましょう。

スピーカーのマークをタップすると音のON・OFFが切り替えられます(デフォルトはOFF)。特にBGMがあるわけではないので,効果音だけ消えます(復習メニューでのリスニングはミュートされません)。

スピーカーの右のチェックマークを押すと,TOEICのテスト日程のページに飛ぶことができます。

さらにその右の三つの点からなるボタンを押すと,アプリをシェアしたり,評価することなどができます。もっとも使いそうなのは『ステータスの初期化』でしょうか。

これまで解いた問題数が初期化されます(確認などなく,押すとすぐに初期化されます)。

 

次は真ん中部分についてみてみましょう。

メイン画面は,問題のステータス(★1つはこれまでに1回正解した問題の数を,★3つは3回正解できた問題数を表します)・日付・学習日数をそれぞれ示しています。

 

以下は最後の段についてです。

さて,この最下部に控えるのは,メインコンテンツとなる『問題開始』ボタンです。

このボタンの右の方にも3つの点がありますが,これを押すと,問題数や苦手な問題,またはチェックを入れた問題だけを選んで解くことができます↓↓

チェックした問題とは,これまでに間違えた問題の中からランダムに出題されるので,気になる問題は,どんどんチェックしていきましょう。

なお,チェックを入れた問題だけ,やり直したり,『復習する』の画面から例文を読み上げてもらうことができます。とはいえ,あくまで機械なので,疑問文の細かい抑揚だったり,感情などはこもっていないので,面白味には欠けますが,最低限の発音確認には十分です↓↓

ここで左右にスワイプすると,チェックがクリアされて,一覧から消去されます。

また,テキスト読み上げのスピードも変えることができます(機械によるものなので不自然さは増しますが)。

 

その他の『コーヒーブレイク』や『おすすめアプリ』という項目をクリックすると広告が表示されるだけなので,ここでは省略します。

 

教材内容のレビュー

おそらくこういった解説は,評判としてはあまり良いものではないのでしょう。

他の3語についての解説がないですし,単語の意味でもわかりますが,もし品詞的な解説を加えるなら,

『underが前置詞なので,カッコの語句とpressureまでを合わせて一つの名詞となるような語を選ばないといけない。名詞のintention(意図)や副詞のintensely(猛烈に)は品詞的におかしいし,intentも形容詞では「集中した;没頭した」の意味しかないので,「激しい」の意味になる形容詞のintenseが正しい。』

とでも書くべきでしょう。

また,全部で500問あるので,設定で20問の出題を25回ほどこなせば全部の問題を一通り解けるかと思いますが,その20問はあくまでランダムの出題です。ダブって出てくる問題もいくつもありますので,あくまで,ちょっと確認で使う以外に,全部3回きっちりやるという使い方は勧められません。

なお,20問解くのに,大体5分もかかりません。

 

 

効果的な使い方

以上のように,メインコンテンツである文法問題の解説のほとんどが単語の意味を述べるにすぎないところもあり,「ちょっと文法問題を確認したい」方以外に,このアプリはおすすめできません。

しっかりと文法問題の解き方を学ぶには,他の教材が必要です。

また,リスニングも機械によるものなので,どんな読み方だったか元々知っている方が,確認の意味で聴く以外は,それほど重宝する機能ではないでしょう。

 

とはいえ,忘れていた単語の意味が結構あることに気づかされたり,"keep pace with~"のようなイディオムの意味も確認することができます。

効率良い復習を可能にするTOEIC対策アプリだという評判は確かです。

そういった意味で,TOEICテストの直前に,このアプリをやるのはありですね。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEIC教材のレビュー

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.