スマートフォンでTOEICの勉強をする方法!

TOEICの学習には,公式問題集を解くといった実戦的な対策も役立ちますが,それ以前に,英語を聴いたり読んだりする時間を増やすことがとにかく大事です。

しかし従来の勉強方法を考えてみますと,買ってきたTOEICの過去問題集に重い腰を上げて取り組むというのは,時間がある人にはいいでしょうが,ほとんどの人にとってはかなりハードルの高いことのように思えます。

仕事で忙しい社会人はもちろん,家の事でほぼ自分の時間が取れない主婦の方や,自由な時間が比較的取れる大学生であっても,多くの時間は大学生活にしかできないこと(サークル活動や遊び,バイト,学校の勉強など)でスケジュールは埋まっているわけです。

今回は,そんな忙しい日常だからこそ実行してほしい,スマホを使ったTOEICの勉強方法についてみていくことにしましょう!

 

 

スマ―トフォンを使った,目的別勉強法について

スマートフォンはほとんどの人が持っているツールで,これからの時代に欠かせないものです。

逆に言えば,スマホをうまく使いこなせるからこそ,人生を楽しく有意義に過ごすことが可能になります。

その一番の強みは,『絶えず自分の傍にあること』。

お金の入った財布や,はたまた自分にとって大切な人よりも一緒にいる時間は長いのではないでしょうか。

しかも,親友以上に,自分を楽しい気持ちにさせてくれることだって,かなりの数あるかもしれません。

だからこそ,TOEICに限らず,何かをするときにはそんな心強い相棒を頼れないか,真っ先に考えてみてください。

 

TOEICの学習は,L&R TEST対策では「リスニング」と「リーディング」を,S&Wのテストを受ける場合は「ライティング」と「スピーキング」を特に強化しなければなりません。

次の章から,スマートフォンを使ったこれら4つの目的別学習法について,一つ一つ見ていくことにしましょう。

 

 

スマホを使ったリスニングの勉強法

スマホでリスニング(聴く)能力を高めようと思ったら,当たり前ですが,実際の英語を聴く時間を増やすトレーニングが有効です。

その時にリスニングする素材としておすすめなのが,

  • 英語のニュース
  • 洋書の読み聞かせ

です。

各国のNEWSは,ネットで検索すればすぐに出てきます。

アメリカのCNNを始め,英国のBBC NEWSなど字幕が付いているものもあって便利です。

 

さらに最近は,それに加えて,

  • YouTube
  • 洋画配信サービス

を利用するのも,面白い使い方だと感じます。

特に動画配信サービスは,月額1000円程度(一日あたり30円ちょっと)で洋画が楽しめるので便利です。

ただ単にセリフを英語で聴くだけでなく,海外の文化や自分の英語熱も高まるので,意外な効果が期待できますよ!

 

例えば上記画像で示したTSUTAYA TVだと,洋画700タイトル,海外TVが50タイトルが見放題で視聴できます↓↓

TSUTAYA TVの無料体験を試したい方はこちら

なお,私の一押しは『U-NEXT』で,特にウォーキングデッド(ダリルさんがカッコよすぎ)はずっと観ていておすすめです↓↓

U-NEXTの洋画(Walking Dead)でダリルさんに英語を学ぶ!

 

今回の記事においては,便宜上『勉強法』という言葉を使ってはいますが,リスニング素材を楽しめるに越したことはありません

インターネットやアプリを使うことで,楽しい時間を過ごしながら,いつでもどこでも英語を聴くことができるので,是非自分に合った方法を試してみてくださいね!

 

 

リーディングをスマホで鍛えるには

スマートフォンで読解力(リーディングスキル)を高めようと思ったら,先ほどの英語のNEWS記事や洋書を読むのがおすすめです。

とはいえ,英語に対する日本語訳があるわけではないので,その場合はGoogle翻訳を使って日本語に変換してみてもよいかと思います。

私は大学時代にalcのHPに行って単語を簡単に調べること教授にすすめられました。

 

さて,英語のリーディング能力を高めるために私が特におすすめする方法ですが,同じ英語で書かれたNEWSを読むにしても,

JAPAN TIMES

のサイトでは,日本のニュースを扱っているので,より内容が入ってきやすいように感じます。

気に入ったら,駅の売店で購読もできますので,是非一度ご覧ください↓↓

THE JAPAN TIMES(公式HP)

 

さらに英語初学者向けに,容易な英語を意図的に使って,和訳や単語の訳がすぐに確認できるJAPAN TIMES alphaもあります↓↓

THE JAPAN TIMES alpha

 

 

ライティングスキルをスマホでUPする方法

ライティングは何よりも自分で実際に書いてみることが大切です。

昔はダイアリーに英語で日記をつけるのが流行っていましたが,もう今はSNSが主流な時代です。

スマホで短い呟きをする程度だったら,そこまでの負担にはなりません。

例えば,インスタに写真を上げるとき,これまで日本語で書いていた文面を英語に変えれば済む話です。

もちろんtwitterで気になる外国の方をフォローして,DMやコメントしてもいいですね!

ただし,自分の英語学習のために相手を利用する気持ちで行ってはいけませんし,相手もすぐに気づきます。

あくまでコミュニケーションであることを忘れないようにして下さい。

 

「英語で短い文といっても,どんなふうに書けばいいのかさっぱり!」

という方は,『英語日記パーフェクト表現辞典』のようなものを一冊用意しておくのがいいですね↓↓

学校で習わなかった,使える英語表現がテーマ別に13000語も収録されています!

 

 

スマートフォンでスピーキングを学ぶ方法は?

スピーキングはライティング以上に実践するのが難しいとされているのは,相手が必要になってくるからです。

昔から,「外国人の恋人を作る」ことが,英会話上達の鍵だとされてきましたが,そもそも身の周りに英語で話し合える友達すらいないことの方が多いのが普通ですからね,オンライン英会話を利用するのが無難かと思います。

オンライン英会話で最も有名なのはレアジョブですかね↓↓

レアジョブ英会話(公式HP)

とはいったものの,

ライティングが出来る=日本語で言いたいことを英語にできる

なので,ひたすら書くことに特化するのも,ゆくゆくはスピーキング力の上昇につながります。

さらには,シャード―イングを始めとする練習(例えばスタディサプリのクイックリスポンス)をして,ある程度話せるようになってから,Skypeを利用してみる方が,心理的にはやりやすいかもしれませんね↓↓

スタディサプリENGLISHでTOEIC勉強法のイロハを学ぼう!

 

もちろん,海外に短期留学してしまうのもとても有効な手段ですが,本記事の趣旨とはズレるので,また違う機会にでもまとめてみたいと思います。

 

 

まとめ

Skitterphoto / Pixabay

以上,スマートフォンを使ったTOEICの勉強法について目的別に見てきました。

今回紹介した学習手段についてまとめると,

  • リスニング→英語NEWSや読み聞かせ
  • リーディング→英語NEWS(特に日本の話題のもの)
  • ライティング→SNSで発信
  • スピーキング→オンライン英会話

 

これらの方法で学習をすれば,場所や時間を問わず学習できますし,ほとんどお金もかかりません

ですが,英語があまり得意でない方には敷居が高いのも事実です。

そういう方は,スタディサプリの『パーソナルコーチプラン』であったり,一念発起して『RIZAP ENGLISH』に通ってみるなどして,短期間に集中して濃密なレッスンを受ける方が,今後の指針が立てやすくなったり,無駄が省けて結果的に安く済むことの方が多いのが現状です。

これは,いついつまでに必ず結果を出さなければならない方にとっては,もっともおすすめできるサービスです。

詳しくは以下の記事をご覧ください↓↓

スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランとは

RIZAP ENGLISHでおすすめのTOEICコースと料金まとめ

 

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -勉強法
    -,

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.