スマホでTOEIC対策をする方法

TOEICの対策には公式問題集を解くといった実戦的なものも含まれますが,英語を聴いたり読んだりする時間を増やすことも大切です。

ところで,どのように勉強するかについて改めて考えてみると,TOEICの模試を買ってきて2時間机に向かうことは,時間に余裕がある人には気にならないのでしょうが,多くの人にとってはかなりハードルの高いことのように思えます。

仕事で忙しい社会人はもちろん,家事に時間を取られて自分の時間がない主婦や,自由な時間が比較的取りやすい大学生であっても,学生の時にしかできないこと(サークルや遊び,生活費を稼ぐためのバイトや学校の勉強など)でスケジュールは埋まってしまっているわけです。

そこで今回は,そんな忙しい日常にこそ実行してほしい「スマホを用いたTOEICの勉強法」についてみていくことにしましょう!

スマホを用いた「技能別勉強法」について

スマホを持った女性が笑っている

スマートフォンはほとんどの人が持っているツールで,これからの時代に欠かせないものです。

逆に言えば,スマホをうまく使いこなせるからこそ,人生を楽しく有意義に過ごすことが可能となります。

その一番の強みは「絶えず自分のそばに置いておけること」です。

身近に置いておくものの筆頭である財布ですら最近はスマホに取って代わられ,変な比較かもしれませんが,自分にとって大切な人より一緒にいる時間は長いのではないでしょうか。

しかも,友人以上に自分を楽しい気持ちにさせてくれることだってあるわけです。

だからこそ,何かをするときはそんな心強い相棒を頼れないか真っ先に考えるようにしてください。

TOEICの勉強をするにあたっては,音楽でも漫画でもアニメでも,教材らしくないものを使うことがポイントですが,まずはスマホ学習のメリットについて整理しておきましょう↓

スマホ学習のメリット

  • 耳だけで学べる
  • スキマ時間を使って学べる
  • コスパが高い
  • 自分に合った教材を使える

勉強は量より質という意見もありますが,スマホで学ぶ際には触れる時間を増やすことを心掛けるようにしてみてください。

逆にデメリットは以下の通りです↓

スマホが苦手とするところ

  • 細かく書き込めない
  • 広範囲を見渡すことができない
  • 誘惑が多い
  • 勉強の成果がわかりにくい
  • 受け身になりがち

とはいえ,最近のアプリのほとんどは学習記録が可視化され,記録専用のアプリもある他,別にテキストを買うことができるものもあります。

ただし,SNSの通知が来て集中が妨げられたり,広告などに意識を取られないよう,マイルールを設定すべきでしょう。

ただ聴いて終わりにすることはせず,問題を解くか音読するなど,積極的にトレーニングを行う姿勢も大切です。

ちなみに,TOEIC対策のアプリを使う方の割合は20~30代が一番高いのですが,実際は単語アプリの利用が多く,上手く使いこなせていない人も多いように思われます。

オールインワンのアプリでない限り,基本的には「リスニング」と「リーディング」,「ライティング」と「スピーキング」の4技能を別々に強化していかなければなりません。

学習分野が偏らないようにすることも大切です。

それでは次章から,スマホを使ったこれら4つの技能の勉強法について,1つ1つみていくことにしましょう!

 

 

スマホでリスニング能力を高める方法

BBCニュースの動画と字幕

スマホでリスニング能力を高めようと思ったら,英語を聴く時間を増やすトレーニングが何より有効です。

その時のリスニング素材として最もおすすめなのが英語のニュースです。

TOEICではビジネスの英語が使われるわけなので,社会的な話題のニュースとの相性が良いと言えます。

リスニングできる海外サイトについてまとめた記事も参考にしてください。

ただし,社会的なニュースは面白くないと言う方も多いと思います。

その場合,海外ドラマや映画を用いる方法がおすすめで,受け身にならないよう,例文暗記かシャドーイングを行うようにしてください。

YouTubeは誘惑が多いので,月額1000円程度で利用できる動画配信サービスを利用するのがおすすめです。

ただ単にセリフを英語で聴くだけでなく,海外の文化や自分の英語熱も高まるので,意外な効果が期待できますよ!

レベルが高くて難しいようであれば海外のスポーツ番組を,そして耳で聴くだけで画面が見られないような場合は,洋楽を聴く方法もありです。

なお,今回の記事においては,便宜的に「勉強法」という言葉を多用してしまっていますが,トレーニングを楽しめるに越したことはありません

インターネットやアプリを使うことで楽しい時間を過ごしながら,いつでもどこでも英語を聴くことができる環境が作れるので,自分の好みに合った方法を試してみてください。

 

 

スマホでリーディング能力を高める方法

ジャパンタイムズのトップページ

スマホでリーディング能力を高めようと思ったら,英字新聞や洋書を読むのがおすすめです。

とはいえ,英語に対する日本語訳があるわけではない場合がほとんどなので,その場合はGoogle翻訳などを使って日本語に変換するのもよいかと思います。

さて,英語のリーディング能力を高めるためにおすすめの方法ですが,ジャパンタイムズ社のものが日本国内の話題を扱っているので,より内容が入ってきやすいように感じます。

いまいち理解できなければ,Yahoo!で似たような内容の記事も探せるわけですし。

ところでTOEICの学習者向けに,より試験に出やすい語句を意図的に使って,和訳や解説がすぐに確認できるThe Japan Times Alphaという特別版があることはご存知でしょうか。

TOEICを受験するのでしたら,数ヶ月だけでも購読することをおすすめします。

洋書に関してもオンラインのサービスが利用でき,電子書籍であることはもちろん,読み聞かせをしてくれるオーディオブックもあるので,こちらはリスニング対策としても使えます。

 

 

スマホでライティング能力を高める方法

アメリカ人女性のtweet

ライティング能力を上げるためには,自分で実際に手を動かしてみることが大切です。

とはいえ,ノートにペンで書くような手法はスマホでは行いません。

昔はダイアリーに英語で日記をつけるのが流行っていましたが,今やSNSが主流です。

スマホを使って短い呟きを入力する程度だったら,そこまでの負担にはならないでしょう。

例えば,インスタグラムに写真をアップするとき,これまで日本語で書いていた文面を英語にすれば済む話です。

もちろんtwitterで気になる外国の方をフォローして,DMやコメントをすることもできます。

相手の返信が付くとそれがまた嬉しくて英語のモチベーションも高まるでしょう。

ただし,自分の英語学習のために相手を利用する気持ちで行ってはいけません

相手もすぐに気づくでしょうが,あくまでコミュニケーションであることを忘れないようにしてください。

なお,浮かんだ日本語を英語でどのように書くのかについて知りたければ,LINE翻訳または英辞郎を使うとよいでしょう。

AIとチャットができるRaplikaのようなアプリもあります。

 

 

スマホでスピーキング能力を高める方法

blank

スピーキングがライティング以上に実践するのが難しいとされている理由は,相手が必要になるからです。

昔から,外国人の恋人を作ることが英会話上達の鍵だと囁かれてきましたが,そもそも身の周りに英語で話せる友達すらいないことの方が多いわけですから,そこはオンライン英会話を利用するのが無難かと思います。

とはいったものの,「ライティングが出来る=日本語で言いたいことを英語にできる」ということなので,ひたすら書くことに特化するのも,ゆくゆくはスピーキング力の上昇につながるでしょう。

スピーチを分析することでスピーキング能力を鍛える方法も試してみてください。

シャドーイングを始めとするトレーニングを積んで,ある程度話せるようになってから,オンライン英会話を利用するようにするのが,心理的にやりやすいかもしれません。

発音に苦手意識がある方には,Elsa SPEAKのような発音矯正アプリも有用です。

 

 

まとめ

スマホを見つめる女性

以上,スマートフォンを使ったTOEICの勉強法について技能別にみてきました。

今回紹介した学習手段についてまとめると,

  • リスニングなら「英語ニュースや動画」
  • リーディングなら「英字新聞や洋書」
  • ライティングなら「SNSかAIとの会話」
  • スピーキングなら「オンライン英会話」

となります。

これらをスマホ上で行うことで,場所や時間を問わず学習できるようになりますし,実際に通学する場合と比べればお金もそれほどかかりません。

もっとも,TOEICのパート別学習や単語など,より本番に直結する勉強は必要です。

無料アプリのみを使ったTOEIC勉強法の記事も参考にしてみてください。

とはいえ,それだけでは息が詰まってしまいますし,どこかで伸び悩んでしまうことでしょう。

普段の勉強がうまくいっていないように感じたら,あまり練習できていない技能にも目を向けてみると,意外な突破口になるかもしれません。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

-TOEIC勉強法

王道のTOEIC教材

スタディサプリENGLISH

オールインワンタイプのTOEIC教材を探している方におすすめのスマホアプリ。

パート別に攻略法を詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方であれば,スタディサプリENGLISHのベーシックプランを選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分に元は取れます。7日間の無料期間を生かして試しに使ってみてください!

パーソナルコーチプラン

オンラインながら最高峰のTOEIC対策を受けられるのが,このパーソナルコーチプランです。

TOEICスコアを何としても上げないといけない方はコーチングを受けるのがおすすめで,学習進度を毎日コーチに報告しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

チャットや電話面談を励みに,通常では不可能な「3ヶ月で100点UP」という数字も視野に入り,かくいう私も90点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクの通信教育は,いつの時代であっても鉄板です。これ1つで単語帳から模試に至るまでのあらゆる教材が揃います。

今現在の保有スコアから100点アップするのを目標に細かくコースが分かれていて,毎日どの教材をどれだけやればよいかの指示が明確です。

TOEIC界で有名な著者が各コースを監修しているので,最新の学習メソッドに興味がある方も是非!