TOEIC英文速読王100というアプリの評判について

今回は,MarketEchoesという会社が提供している,

TOEIC英文速読王100

というアプリについての評判と使い勝手の方を見ていきたいと思います。

 

 

TOEIC英文速読王100とは

名称:TOEIC英文速読王100

提供:MarketEchoes

料金:無料

内容:TOEICに役立つ,速読能力を鍛えることができるTOEIC対策アプリ。100個の英文を読む速度を計測し,TOEICの推定スコアアップを目指します。

表示される英文を左から右に,返り読みをせずに黙読することができるようになれば,英文の読解速度は上がります。

また,この能力がリスニングにも大いに役立つとされるのは,実際のリスニングでは,音は発せられた直後から即座に消えていってしまうからです。

印刷されている書物ではないので,あとから前を見返すことは,会話においては不可能です。

訳ボタンを押すと日本語訳が表示され,100英文を学習した暁には,1分あたりに何語読めたかが表示され,推定TOEICスコアまで見ることができます。

聞いた感じは,とても良さそうなアプリですが,実際の評判はどうでしょうか。

 

 

評判について

評判は3.7ということでまぁまぁかと思いましたが,レビューは3件しか寄せられていませんでした(2017年12月7日)。口コミもありません。

発表になったばかりなのかと,最終アップデートを見てみると,2016年の2月にあったようなので,ほぼ2年の月日が流れようとしています。

この理由は簡単で,色々不十分な点が目立つアプリだからだと思います。

私がこのアプリを使ってみて,良かった点と悪い点について述べていきましょう。

良かった点

スピードを意識して,前から読む感覚を鍛えられる

無料で利用できて,広告が出ない

1分あたり自分が何語読めるかわかる

 

悪かった点

誤字脱字が多く,改善される様子がない

訳があまり良くない

解説がない

 

TOEICのテスト対策における速読力を無料で鍛えられるのはいいですが,貴重な読解対策のできるアプリとしては,期待したほどの内容ではありませんでした。

例えば,TOEICの平均レベルよりも英文は簡単ですし,何より誤字脱字が多くあるにもかかわらず,2年近く更新がされていないのも,残念です。

最後に1分あたりで読めた単語数が計測されるのは良いのですが,出題される100問はどれも簡単な文すぎて,実際のTOEICに出題される英文とレベルの差があるのは一目瞭然です。

目の付け所はいいのですから,もっと改良を重ねてほしいですね。

 

それに加えて,誤字・脱字を始めとするケアレスミスが目立ちました。

例えば,誤字に関しては,こんなものがありました。

She comes to the office at 11 o'click every morning.

→ click は clock にすべき

Where does the woman suggest the man do?

→ Where は 意味的に What にすべき

 

また,下の問題では,The city のように,文中にもかかわらず大文字になってしまっています。

そしてその文の訳も,「山囲まれている…」のような,不自然な日本語になってしまっているわけです。

 

その他,疑問文であるにもかかわらず『?』がついていなかったり,『 ‘ 』が抜けているものなどありました。

とはいえ,アプリ自体の操作については簡単でシンプルでしたね。

以下で基本操作について解説していきます。

 

 

管理人の体験談

基本操作について

起動して表示されるページの上部左にある矢印をクリックすると,上のメニューが開きます。

速読開始を押すと,計測が開始されます。

前から読んでいって,英文の意味がわかれば『次へ』を押し,次の問題に進みます。

なお,左の『訳』を押すと,日本語訳が確認できます↓↓

 

問題は100題終わるまでノンストップで,解き終えると,最後に読解速度が表示されます↓↓

私の場合,大体10分程度で終わりましたね。

なお,先のメニューで『ヘルプ』を選ぶと,TOEIC英文速読王100の使い方が表示されますので,細かい使い方はこちらで確認しましょう↓↓

 

メニューで『広告非表示』が選べますが,そもそも広告が表示されないので,100円を払う必要はないと思います。

 

 

今回のレビューまとめ

以上,TOEIC用英文速読王100というアプリのレビューでした。

TOEICの読解の対策ができるスマホアプリは数が少ないので,こういったアプリがどんどん登場することが望まれます。

 

英文速読王は是非誤字脱字などを修正していただき,さらなるコンテンツの充実を期待したいですね。

こういうケアレスミスは,あるとどうしても目立ちますし,ミスが多いと教材に対する信頼度も下がってしまうので…。

いずれにせよ,自身の英文読解速度については興味がある方も多いと思いますので,一度はやってみるのもいいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

RIZAP ENGLISH

当サイトで紹介しているサービス内において,最短かつ大幅なスコアアップが期待できるのが『RIZAP ENGLISH』です。

通学が必要で対人かつ料金は高額になりますが,一定期間に結果を出す必要性があったり,記憶に残るTOEIC学習をしたい方におすすめ!

    -TOEIC教材のレビュー

    Copyright© スタディTOEIC , 2020 All Rights Reserved.