日常英会話コース「オートリスニング」のおすすめの使い方!

今回はスタディサプリENGLISHの日常英会話コースから,「オートリスニング」という機能について,おすすめの使い方をみていくことにしましょう!

最近,新日常英会話コースやビジネス英語コースでも同名の機能が搭載されましたが,それらは開始場所を決めて流しっぱなしにすることしかできず,速度も変えられなければリピート指定もできない不完全なものですのでご注意ください。

アプリ画面をずっと見ていたり,タッチして問題に答えるだけが本コースのトレーニングではありません。

デイリーレッスンで学んだスキッドは,オートリスニング機能を使って,ひたすらリスニングしましょう!

オートリスニングと基本操作について

オートリスニングの紹介文

日常英会話コースのメインコンテンツは「デイリーレッスン」ですが,今回紹介するオートリスニング機能を使えば,デイリーレッスンで扱った会話文を自動再生し,まるでiPodで音楽を聴いているかのように延々とリスニングできるようになります。

自分が聴きたい範囲を,まさにその名前の通り「オート(自動)でリスニング」することができるわけです。

使い方ですが,スマホやタブレットで日常英会話コースのアプリを開き,「オートリスニング」を選択してください↓↓

日常英会話コースのトップページ

ちなみにこの機能は,PCでは使うことができませんのでご注意ください。

基本操作は簡単に覚えられるはずです。

オートリスニング機能を選択したら,まずはリスニングする範囲を決めましょう。

左下にある「レッスン選択」をクリックすると,「開始レッスンの選択」というポップアップが表示されるのでOKを押して,開始したいレッスンをタップします↓↓

開始位置を選択

タップし終わると,今度は終了したいレッスン番号を選択するように求められるので同じように決めましょう。

このように,再生するレッスンは自分の好みに応じて変更できますが,初期設定では既習範囲があらかじめ設定されています(設定を変更して,未習範囲も聴けるようにできます)。

注意点ですが,あくまで連続するレッスンのみが選択可能なので,例えばレッスンの001と005と010の3つだけ聴くといったことはできません。

後は右下にある「再生する」ボタンを押せば,オートリスニングが開始されます。

スマホがスリープ状態になっても音声が流れ続けるところは,まさに再生プレイヤーを使っている感じそのものですね。

オートリスニングのプレイヤー画面

 

オートリスニングの使い方のおすすめ

続けて,オートリスニングに関するおすすめの使い方をいくつか紹介します!!

ダウンロードはWi-fi環境下で済ませておく

初回再生時には,音源のダウンロードが行われます。

一気に多くの範囲をダウンロードするとデータ量もそれなりになってしまうので,Wi-fiがある環境下であらかじめダウンロードの方を済ませておきましょう。

また,いちいち外でダウンロードを待つのも面倒です。

一度済ませてしまえば,次回からはダウンロードしなおす必要はありませんので。

速度設定は「速い」にする

リスニングですが,速いスピードに普段から慣れておくと,通常のスピードで聞いたときに不思議と遅く聞こえるという副作用があります。

塾では「加圧トレーニング」などと呼んだりしていますが,右下にある速度の項目を「速い」に設定するのがおすすめです↓↓

速度設定画面

英語は「音の高低」ではなく「息の強弱」で表現することを意識してやってみましょう(日本語とはこの点が大きく異なります)。

シャドーイングする

シャドーイングは,相手の会話に影のようについて即座に同じように発話していく練習方法です。

英文も確認できるオートリスニングは,まさにシャドーイング向きの教材でしょう。

シャドーイングを含めた,TOEIC学習に役立つテクニックにつきましては,以下の記事を参考にしてください↓↓

簡単なレベルの音源を聞き流す

オートリスニングでは,再生するコース(レベル)も自由に変更できます。

聞き流しについては,難しい英語(たとえば洋画など)を使ってしまうと,どれだけ聞き流してできるようにならないのは事実です。

ですが,デイリーレッスンで普段トレーニングしているレッスンより難易度が低いものを選べば,初めて聴く内容であっても簡単に理解できると思いますので,聞き流しても効果が得られます。

レベルを下げて色々なスキッドを聴いてみましょう!

オートリスニング内には,わざわざご丁寧に語注まで用意されていたりするわけですから,わからなかった英文が出てきた場合はその都度,確認するようにしてください。

学習場所にこだわる

通勤通学のスキマ時間にオートリスニングを使うのが一番おすすめの使い方です。

行きと帰りに30分ずつでも聴くことができたら,それだけで1時間の学習時間が確保できます。

あえて各駅電車に乗って,無理やりにでも通勤時間を延ばすという工夫もできるかと。

スキマ時間を数分でも積み重ねていくことが大切なので,ぜひ頑張りましょう!

また,自宅やカフェで腰を落ち着かせてやることで,より集中して聴くことができます。

横になって寝落ちするまでベッドで聴き続けるのもおすすめです。

目を閉じると聴覚がより研ぎ澄まされ,普段以上に聞き取れる感じがして嬉しくなります

 

まとめ

以上,日常英会話コースから「オートリスニング」のレビューでした。

本機能を使うことで,TOEICで半分(495点)もの配点を占めるリスニングセクションでの得点力を高めることができます。

ここで点数を伸ばせれば,それだけ大きなスコアアップが期待できるわけです。

一般的に,リスニング能力を高めるには,

  • すでに学んだ範囲を何度も聴きなおす
  • これまでに一度も聴いたことがない未知の教材を聴く

ことの両方が大切だと言われます。

オートリスニングは普通に使っていれば主に前者を行うことになりますが,上の使い方で紹介した「簡単なレベルのスキッドを聴くトレーニング」を取り入れれば,後者のトレーニングまで行うことが可能になるでしょう。

聞き流しについては先述の通り,既習の範囲か聞き取りが容易なものであれば効果が得られますが,難しいもので行うと効果が出ないというのが私の見解です。

肝心なのは正しく使うということでしょう。

そういった意味でシャドーイングは,リスニングだけでなくスピーキング力まで高められる方法ですし,やればやるだけ効果が出るものなので,今後も積極的に取り入れてください。

オートリスニングが含まれる日常英会話コースは現在,スタディサプリENGLISHの有料コースに申し込んだ場合の無料特典としての利用のみが可能です。

以下のコースを利用する予定がある方は,忘れずに使ってみてください!

冒頭でも書いた通り,ビジネス英語コースと新日常英会話コースにおいても簡易な「オートリスニング機能」が追加されています(2020年5月に実装)。

またオートリスニング以外のトレーニング(デイリーレッスン・リスニングPLUS)や,本コースの口コミに興味がある方は,以下の記事を参考にしてください↓↓

TOEIC対策のおすすめ2020

スタディサプリENGLISH

こちらはオールインワンタイプのTOEIC対策の決定版ともいえるスマホアプリ。

各種パート別の勉強法なども詳しく学べるので,1人である程度しっかりと勉強できる方は,スタディサプリのベーシックプラン(通常コース)を選んでおけば間違いありません。

ダラダラと続けず集中して取り組めば十分元は取れますが,無料期間を使って学習法の動画だけ観るのもありです。

パーソナルコーチプラン

スタディサプリの最上位にあたるプランで,TOEICスコアを自分の意思に関係なく上げないといけない人は担当コーチを付けるのがおすすめ。

学習進度を毎日コーチにメールで連絡しないといけない義務感が,勉強せざるをえない環境を生み出します。

3か月で100点アップが目安で,私も80点上がりました。

アルクの通信講座

昔からあるアルクはいつの時代も鉄板です。最近はお祝い金の贈呈や全額返金保証制度も登場したため,「結果が出る通信教育」という評判にますます磨きがかかりました。

    -スタディサプリENGLISH

    © 2020 スタディTOEIC